新時代の 万人スポーツ を楽しんでください

テニスの楽しさ、面白さに接すること・・  運動が苦手でも・・
機能障害や体力不足があっても あきらめないでください !

ハンディキャプテニスは、参加する人達の年齢や体力、運動能力の内容や障害の有無などに制限されない新しい市民スポーツとして、普及が進められてきました。  障害のある人達も参加を可能とするテニス環境は、1980年代からは 新しい身障者スポーツとしての道を 拓いてきました。

このハンディキャップテニスは 近年 ユニバーサルテニスに改称しています。 改称の理由は・・・
当初 車椅子テニスの開発からスタートしてこともあり 障害のある人達のみを対象にしたテニスと誤解する人達が存在しているためです。

ハンディキャップテニス とは

日本国内のハンディキャップテニスは 1970年代から JHTF(※当初の名称は ルプト・プラン連絡協議会)によって、硬式テニス内容を中心に研究・普及が進められました。 研究・普及活動の最初のテニスプログラムは 車椅子を使用する硬式テニス競技の世界です。

JHTFが取り組みを始めたのが1977年 ですが、車椅子テニス競技の誕生は 1976年 に米国のブラッド・パークス氏を中心とした下半身麻痺の人達によって本格的なスポーツとしての普及が進められました。

しかし、こうした海外の車椅子テニス競技の情報を 残念ながら、当時の日本テニス協会は内容を把握しておらず、1081年に NPO団体JHTFからの働きかけと提言が進むまでは 車椅子テニスへの関心も、この新しいテニス競技の具体的な取り組みはありませんでした。 

1980年代からJHTFは、テニス参加の機会を広げるために、安全性と手軽に親しみやすい特徴を備えたスポンジボールを使用したテニスの開発を進め、体力少ない人達のゲーム参加方法やベッドの上でもテニスを楽しめる工夫を図りました。
更に、自分の力で動くことの出来ない重度障害の人達も楽しめるテニスゲームも工夫する一方、硬式テニスのベテランも楽しめる競技精度の高いS・ST Ver.7 も開発されています。

S・ST は 運動機能障害のある人達や体力の少ない人達が手軽に参加できる競技内容と機能障害のない人達や硬式テニスなどの経験豊かな人達を対象とした競技を両立させる特徴は、いろいろな人達が一緒に楽しむことのできるテニスです。
同じテニス環境で共に楽しみ、互いに力加減をすることなく 全力で競い合うゲーム内容の面白さは S・ST の大きな魅力として、他のテニス競技ではむずかしい競技方法です。

のカテゴリの中では、障害のある人達のテニス参加に対して身障者テニスの区分化は不要です。 障害の有無にこだわらず・・ テニスを楽しむ人達は 誰でも対等のテニス愛好者としての位置づけです。
 ここに名実共に 万人スポーツ、バリアフリーの競技世界が 生まれています。

 これまで 障害のある人達の関係では次のような人達がテニス体験、競技参加を楽しみ、そしてライフワークにテニスを取り入れています。


    聴覚障がい、内部障がい、知的障がい、複合障がい、視覚障がいの人達
    ■肢体不自由の人達 (機能障がい、切断、脊髄損傷)の人達が車椅子や杖、歩行器、義手、義足などで参加)
    ■車椅子の移動に介助の必要な重度障がいの人達 (家族や付添い者と一緒に参加)

    
脳血管障がい(CVA)後遺症や脳性小児麻痺(CP)の子供達並びに成人
    ■両麻痺、片麻痺、三肢・四肢麻痺の方、また、両手の機能障がいでラケットを握れない人達
    ■聴覚障がいの人達 (指導者や周囲の人達の簡単な手話と口話を練習やゲームに採用)
    視覚障がいの人達 (サウンドテニス、視覚ハンディキャップテニスとして競技開発しています)


                

JHTFの各テニス事業では、新たなテニス分野の開発と共にこれまでの30年余のNPO活動企画の中で、数多くのテニス講習、指導者講習、開発テスト等を実施して参りました。 そうした企画の中でテニス参加の機会をすべての人達に分け隔てなく設けることに努めてきました。
参考例の一部として、このテニス企画に参加した人達の中には次のような人達もおりました。


心臓疾患を手術された女性からテニス参加の申し込みがありました。
この心臓疾患の症状があった方は内科の医師からテニス参加に否定的な指示がありましたが、しかし手術を担当した外科医師からは過度の負担にならないように気をつけることでテニスを楽しむことの理解が得られたことで、その方は定期的に開いていました横浜のテニス教室会場に何回も参加しました。

また、肺機能の3/4 を切除された男性のテニス参加もありました。
肺機能の弱い男性は少しの運動でも呼吸に苦労される状況で、5分程度の練習後に20分近く休憩し、 また コート上に出ては打球を楽しむといったことを繰り返しました。 男性はかつて平泳ぎの選手だったとのことでしたが、昔から一度テニスを楽しみたいと思っていたのでテニス講習の企画案内を見て参加されたとのことでした。

この方はただ一度の参加でしたが、このときのテニス体験を大変喜んでいた様子は長く関係者の心に残っておりました。
こうした参加例は、当時、スポンジテニスが国内で普及されておらず、JHTFとしてもスポンジ・スーパーテニスを開発する前の事例で、この時代は硬式テニスの講習でしたが参加された例のひとつです。


この他、知的障がいの子供達や自閉症の子供達、軽度の精神障がいの人達もテニス参加しています。
テニス参加の機会と良き環境づくりは、テニスを楽しみたいとする人達の周囲にいる人達や指導者などの理解と協力があれば実現できます。

ユニバーサルテニス(ハンディキャップテニス)は、開発当時から近年まで誰でも楽しめるテニス環境を育むために取り組みが進みました。

ユニバーサルテニスの魅力と面白さ

家族と一緒に テニスゲーム
身体障害や 学習障害の子供達も テニスを楽しめます