もう一歩 先に ・・


完熟トマトが 美味しい缶ジュースに製品化されています
長く保存する上で 良いアイデアのひとつです
このアイデアを もう一歩 進めて ・・・

缶ジュースから 色鮮やかなトマトを 再び つくり出せないでしょうか ・・


トマトに限らず野菜、果物のジュース化は、カタチの良し悪しに関係なく、すべての作物を効率よく食料品として活かすことができます。 
しかし、人間はカタチあるものに食欲を増すことも現実です。

 ジュースにしたものを・・ なぜ 
再び・・ との疑問だけでは それまでの技術開発に留まり、社会経済への効果も少なくなります

ジュース化が完成した時点で、次に何が必要になるのかを考え・・
ジュースが出来た喜びとは別にトマトのカタチが良かったことも忘れないで、
もう一度 トマトに戻せないか! こう考えると、現在のジュースの作り方にも 別の製造方法が工夫され、 その工夫が ジュースを 再びトマトにカタチを変える 新たな産業も生み出します。

多くの食品を缶ジュースのように加工することで、天候や消費動向に左右される米や野菜など作物栽培の不安も解消できるかもしれません。 
長期の保存し易いカタチにして必要な時に 必要なカタチと味に戻す・・ 
豊作の時に捨てていたものは、それはモノを捨てると同時に人としての心と知恵も捨てたことにつながります。 ムダを少なくする試みが望まれます。

 もう一度 トマトに・・・ 簡単な言葉ですが、こうした研究も作業も大変な苦労が必要となります。

しかし、ここに新しいビジネスが生まれるために必要とする技術を開発させる魅力を見つけてみませんか。
従来の考え方を広げた商品開発への取り組みを楽しむ人達が 新時代の豊かな経済の一端を担うことと思います。



近年、資源として再利用を念頭においた製造方法、設計が進むようになっています。
農作物にも、増産の工夫のみでなく、天候などによる豊作、不作の時期にも対応したビジネスヒントを考え、その内容にいろいろな人達の知恵と技術が活用されるようになることが期待されます。

アイデアはそれを保有する人達の財産ですが、そのアイデアを長く休眠させず、地域活性などに活用させたいところです。




   製品づくりとは異なりますが・・

このサイトでご紹介しています 「国内初の車椅子でテニス練習、テニス競技のできる環境づくり」 また 「国内外初の全盲の人達が楽しむテニス競技の開発」 は いずれも JHTFクリエイト (旧・ハンディキャップテニス研究協会) の取り組みから 実現しています。

長いテニスの歴史の 既成観念にこだわらず 進めた内容の一端です  この実現には アイデア プラス 熱意と根気が セットです。
ハードとソフトの違いはあっても 実現への歩みは同じです 
・・ むずかしい内容は伴いますが ・・ 不可能なことはありません ・・

 もう一度 トマトに・・・
 は 無理な提案では ありません。 大きな視野 720度の発想転換 から 新しい文化と新しい環境が生まれます。

次ページへ