区別化しない競技方法の開発が スポーツの魅力を 更に大きなものに展開、発展させることが出来ます
    
   ● 視力障害の人達が他の運動機能障害の人達とのゲーム対戦が楽しめます


サウンドテニスサークル横浜会場に脳血管障害後遺症による片麻痺の人達が、視覚障害の人達の練習に加わりました。
サウンドテニスのオープンゲーム は全盲の人と通常視力の人との対戦ゲームを可能とする競技です。 ダブルスでも楽しめますが、基本的にはプレイヤーの力を十分に引き出せるシングルスで行います。 競技内容は、障害の異なる人達が競い合うゲームでも実現できます。

運動機能に障害のある人達は、下肢または上肢の動作が障害のない人達に比べて、動きが低下する人もおります。 このため、下肢に運動機能障害のある人達の競技には、ハンディキャップテニス規定の2バウンド後または3バウンド後の打球までを有効とする規定が設けられており、サウンドテニスのコートスペースの規定と組み合わせることで、ゴルフのハンディのように類似して、互いに力加減を不要とする対戦が楽しめます。

スポーツの魅力と面白さは互いに全力で競い合うことですが、開発されたサウンドテニスと別途紹介のスポンジスーパーテニスはいずれもこの基本に沿って生み出されています。 この日参加した片半身に障害のあるふたりは、日頃、スーパーテニスを愛好する人達です。
ボールを視力で確認出来ないプレイヤーが不利なのか? コート上を速く移動することのむずかしいプレイヤーが不利なのか?・・

当日のゲームはいずれも熱戦となり、互いにポイントを失って残念がったり、ポイントを取って笑顔になったりしておりましたが、接戦の中、僅かな差で運動機能障害の人が吉原さんに勝利しました。
対戦方法はオープン競技規定に従う内容で、コートハンディが対戦者の視力の有無による競技力の差を感じないものにしています。




   吉原さんからのレポート ・・・ 

初めて、視覚障害以外の他の障害をもった方とのテニスをしました。
先生に 「横田さん達が見えるから、一緒にゲームをしよう。」 と言われたときは、うまく出来るのか不安でした。
しかし、実際やってみたら、不安はどこかにふっとんで。楽しんでいました。

横田さんと川浦さんにはシングルスゲームで負けてしまいましたが、少しラリーも続いてうれしかったです。
ゲームが終わった後で、横田さんと、川浦さんに 「目が見えないなんて思えなかったよ!」 といわれたときはうれしかったな〜!
と思っていますが、また、今後も、こんな機会が増えればいいなとおもいました。

  
人を区分、区別化することは、時には心無い差別化を生み出す要因のひとつになることもあります。
スポーツには区分があり、その練習環境や競技の内容に差別化もあります。 しかし、工夫次第で区分の壁を取り除くことが可能です。

                              
※参照  ハンディキャップテニスとは・・

スポーツは区分することによって競技としての魅力を高めることも出来ますが、一方、区分しない競技方法がスポーツを更に大きく、幅広い普及へと展開することが可能となります。