新たなテニス環境開発の歩み  The step that created new tennis environment
     
  視覚・視力ハンディキャップテニス / サウンドテニスの 開発と競技設計

サウンドテニスは、視覚・視力ハンディキャップテニスの開発内容を競技テニスとしてバージョンアップした内容に設計されています。
1988年、国内外初となった・・視力のない人達が空間に弾むボールを打球できる内容を <視覚ハンディキャップテニス> として、神奈川県ライトセンターの施設と隣接の神奈川県衛生研究所のテニスコートを 利用させて戴き、実施しました。

このテニス研究は、車椅子テニス普及の取り組みに続く1970年代後半から進め、最初の公開講習実施後、国立身体障害者リハビリテーションセンターや各地の会場で企画した総合講習や指導者講習の中で進めました。 新しい身障者スポーツとして関係方面から喜ばれましたが、しかし、この競技開発の本来の目的は、障害の有無にこだわらずに競い合うことの出来るスポーツ環境づくりが目的です。

全盲の人達が楽しめるスポーツとして、卓球や野球、バレーボールなどが既に具体化されていましたが、いずれのスポーツも平面上を動くボールを手やラケット、バットなどで打球する2次元スポーツです。 しかし、テニスは 高さの変化も伴う3次元スポーツです。
高さの変化は 視力のある人達でも空振りすることもあるテニスですから、全盲の人達が参加することは不可能と考えられてきました。

視覚ハンディキャップテニス 研究開発
テニスを楽しむための技術の大切さは誰でも理解していますが、しかし、視力のない人達にとっては ボールの位置が見えない難しさが加わります。
そのため、ボールの変化を見る視力のない人達の打球とボールの位置を確認するためには、音で補う方法を考えました。

硬式テニスのボールも パウンドした時に音を発生しますが、このボールの打球の速さは、プレイヤーの目や身体に当った場合を考えると・・
視力を失っている人達には特に危険です。 そのため 安全に楽しむための競技設計にスポンジボールを採用しました。

しかし、スポンジボールはバウンドさせても音が発生しません。 全盲や弱視の人達が初体験の講習会で安全な打球を優先してスポンジボールを使用しましたが、全盲の人達から・・音が聞こえると打ち易いとの感想があり、2回目の講習企画では スポンジボールの中に金属製の小さな鈴を埋め込みました。
こうした工夫から誕生したのがサウンドボールです。 当初は金属製の鈴を採用し、その後、残響の多い盲人卓球用ボール(※2)に切り替えました。

    ボール2   ボール1

盲人卓球用ボールに切り替えた理由は、当時、盲人卓球は国際的にも広く進んでいたため、視力障害の人達が聞き慣れていた盲人卓球用ボールの音を活かしたいと考えて選定しています。 将来は更に新しい音源が開発される可能性があります。(※ 盲人卓球は サウンドテーブルテニスに改称されています)

こうしたボールの開発により、全盲の人達が安全にプレーし、対戦相手の打球位置を判断することが可能になりましたが、平面上を動くボールを競技方法とする2次元スポーツとは異なり、タテ方向、ヨコ方向に加え、ボールの高さの変化に対する工夫が必要です。
この問題解決に研究工夫した方法は・・ 重度障害の人達のテニス競技として設計した内容の 3バウンドルールの競技規定です。

全盲の人達の打球を可能にし、競技テニスとして楽しむ方法の設計から、更に、視力のある人達と競い合うことの出来るサウンドテニス研究など・・
視覚ハンディキャップテニス 並びに サウンドテニスの競技規定の設計内容については 別途の資料ページで ご紹介を進めて参ります。
 
様々な方面に理解と協力を求めて企画した特別講習プログラムは、視力のない人達がテニスを理解する方法として・・
硬式テニスのボールとラケット、硬式テニスコートを使用し、参加者の触覚と聴覚を活かしたテニスの打球体験です。 
耳で説明を聞くよりも、打球の体験は、テニススポーツに理解を深める上で役立ちました。

全盲の人達にラケットの振り方を紹介し、その振り方に合わせるようにコート上に弾ませたボールを打球できるように練習を繰り返すと、手に伝わる感触と共に独特の打球音が聞こえた受講者の顔に笑顔が生まれました。

ボールは見えないため、打球の方向や飛距離などは指導者やボランティアが言葉で説明し、打球体験を実施した硬式テニスのイメージを感じ取った後、
場所をライトセンターの屋外施設に移し、スポンジボールと小型ラケットを使用した打球体験を行いました。

硬式テニスとは異なる感触のスポンジボールで打球練習を繰り返した後、ボールを弾ませる位置を変えた打球方法を指導しましたが・・ 
受講者からは 「 急に 右に動いて・・ 左へ・・ と言われても 周囲が見えない者は 素早く動くのは難しいです 」 と言われました。
後日、自ら目を閉じて同じ状況を体験すると、その難しさを実感しました。 開発当初の思慮不足を反省したことを記憶しています。

このような反省内容も糧に、受講者から 「 ボールの弾む音が聞こえれば 分かり易い 」 との意見に応えるため、次の講習からはスポンジボールの中を
くり貫いて金属製の鈴を挿入したボールを使用しましたが好評でした。

この鈴入り特製スポンジボールを参加者に紹介したところ、音源部品に鈴ではなく盲人卓球ボールを活用したいとの提案がありました。
バウンド音の残響が金属製の鈴よりも分かり易いとの意見を聞き、国立身体障害者リハビリ関係者と相談して採用しました。

↑ クリック拡大


国内外初の講習会場になった神奈川県ライトセンターの他、横浜市立盲特別支援学校、国立身体障害者リハビリテーションセンターへとテニス内容紹介と講習の機会を広げ、ハンディキャップテニス指導者講習や総合講習プログラムとして、四国、関西、名古屋、東京等の各会場で紹介を進めました。
しかし、企画事業資金づくりの多くを NPO団体関係者有志からの負担で進める活動では、啓蒙普及の取り組みを継続するための困難は続きました。

   
コート上で硬式テニスの打球体験 打球フォームの練習 特設コートで スポンジテニス練習

サウンドテニスと最初の開発プログラムである視覚ハンディキャップテニスの歩みに、外部で このテニス競技経験も開発に関わった経験もない人達が、
名声や普及活動の主導権だけを求めようとした残念な動きがありましたが、こうした誤った言動を助長したのは 一部の報道機関でした。

このテニス競技誕生の歴史と内容を正しく調査せず、テニス開発者の存在も確認することのなかった報道関係者が、全盲の青年が考え出したテニス競技であると勝手なストリーをつくり、その誤った内容を放送しました。 近年の報道機関が起こす 「 放送倫理 」にも反する行為です。


JHTFとして当時の放送内容の誤りに気づいたのは、後日、このテニス開発に協力し、正しい歴史を知っている方々が、放送された内容を見た上で
連絡してこられたことで分かりました。  

しかし、当時 この青年に対して 放送内容の誤りを直ちに指摘することはなく、本人からの連絡を待ちました。 理由は、国立身体障害者リハビリテーションセンターで実施した講習に参加した 彼の帰路を 毎回 ガイドヘルプしながら、会話を交わした青年の真面目な性格を知っていたためです。

連絡がないため電話したところ 彼が 誤った放送の事情については 会った上で説明します・・と 当NPO法人関係者に約束した青年が武井視良君です。
彼の人柄を理解して連絡を更に待つ約2ヶ月間に電話はなく、その後 不慮の電車事故によって 彼が他界したことをニュースで知りました。

周囲の関係者が 視覚障害の人達のテニス競技開発を実際に進めた当団体との接触を避けようとしたのか・・不明ですが 彼の説明機会は消えました。

視力を失っている人達に対して テニスに限りませんが スポーツ参加の機会を育む活動を 企画工夫することは良いことです。 
しかし、視力障害者が 発案、考案したとする誤った内容を 海外への宣伝、名声づくりに利用する青年の周囲にいた関係者達の考え方が分かりません。

誤った言動は、障害者の新しいスポーツ活動を支援、協力してきた人達の信頼を失い、障害のある人達に対する一部の偏見にもつながるものです。

  

 有明テニスの森公園で開催した日本ハンディキャップテニス大会のエキシビションとして、視覚ハンディキャップテニスプレーを公開しました。
 このときに招待した全盲の小野さんと共に参加した武井君 (左図)は、観戦者が驚くほどのプレーを展開しました。

 彼は優れたテニスプレイヤーでした。 しかし、視覚ハンディキャップテニスの考案者とする誤った紹介は、彼の人格を汚すことにつながります。



1990年、<第1回 視覚ハンディキャップテニス大会> を 国立身体障害者リハビリテーションセンター(室内)において開催しました。
大会前、リハビリテーションセンター関係者と共に 日本視覚ハンディキャップテニス協会 を創設しました。

センター関係者、視力障害の人達と協力して大会を運営、この大会の競技規定に適用した3パウンド後の打球まで有効とする競技方法は、1988年に
開催した <第1回 日本ハンディキャップテニス大会> の重度障害の人達の ドミドウクラス (※1)競技として規定した内容に準じたものです。 

この大会については1994年以降、JHTFはその運営を現地関係者に委ね、協会活動からも離れ、その後、身障者スポーツとして開発した内容を
更に 競技設計を進め、新しい市民スポーツスタイルを備えたサウンドテニスを生み出しました。

サウンドテニスの特徴は、テニス経験豊かな視力のあるプレイヤーがアイマスク不要で力加減なしに全盲のプレイヤーとの対戦を可能にしたことです。
身障者スポーツとしての発展に加え、障害のある人達を障害のない人達と対等にテニス参加のできる競技世界を実現しました。

近年、ブラインドテニスの名称で普及活動を進めている団体がありますが、ブラインドテニスは視覚ハンディキャップテニスの名称を 改称したものです。
サウンドテニスと視覚ハンディキャップテニスは、ハンディキャップテニス研究協会(※現在は JHTFクリエイト に改称)が 競技設計したものです。

競技開発当時、視覚ハンディキャップテニスは、横浜会場での講習を重ねた後、国立身体障害者リハビリテーションセンターに紹介を進めました。 
このテニスは 視覚障害者スポーツ部門の競技では IBSA(※視覚障害者スポーツの国際組織)規定の B1、B2、B3 に クラス区分して行います。

しかし この区分方法には 「手動弁」 という障害が いずれの視覚障害クラスに該当するのか・・ の明確さに問題もあります。
サウンドテニスは 身障者スポーツの規定、基準の問題などに関係なく、更に 視力の有無にこだわらない競技対戦可能な内容に設計されています。

パラリンピック、オリンピックを例に 障害の有無で区分する考え方を必要とする場合もありますが、障害のある人達の本当の心に沿ったものではなく、区分することなく 可能な限り対等な立場、同じ目線の高さでスポーツも日頃の社会生活も過ごせることを願っている気持ちを感じ取ることが大切です。

このため サウンドテニスは ひとりひとりの視力レベルに対応し、視力のある人達が加わり 競い合える市民スポーツのひとつとして開発されています。

( ※1 )このクラス名は、1977年に開催したワインカップテニストーナメント企画を最初に、1988年から継続開催した日本ハンディキャップテニス大会のクラス区分にも採用しています。 競技レベル別に クラス区分するときに、初心者クラスの人達が他のクラスと比較されてもコンプレックスを感じないクラス名を考え ワインの甘味で区分されるときに使用されています名称を 上級クラスや初級クラスの区分名に適用しました。

競技区分 大会クラス区分名 シャンパン(ワイン)の区別基準
 上級クラス  エキストラ・セック  extra sec  リキュールの甘味  3%が注入されたワイン
 中・上級クラス  セック  sec  リキュールの甘味  5%が注入されたワイン
 中級クラス  ドミセック  demi sec  リキュールの甘味  8%が注入されたワイン
 初級クラス  ドミ・ドウ  demi doux  リキュールの甘味 10%が注入されたワイン
当時の視覚障害の人達が参加したクラスは ドミ・ドウ クラスです


Page 1
Page 2
Page 3
Page 4
Page 5
Page 6
Page 7
Page 8
Page 9
Page10
to top
Page11
Page12
Page13
Page14
Page15
Page16
Page17
Page18
Page19
Page20