サウンド テニス
sound tennis

    サウンドテニス・・  視力障害の人達同士で競い合う 障害者スポーツ として 競技方法に加えて
   視力ある人と全盲や弱視の人が 対戦できる新しい 市民スポーツ としての 競技方法を 設計しています

 
   サウンドテニスは  視覚ハンディキャップテニス (ブラインドテニス) と同じ 視力別に区分した競技も可能です
            
※ このふたつのテニス競技設計は 通常視力の人達を対象とするハンディキャップテニス研究の中で 誕生しています
               
 
             サウンドテニスは 視覚ハンディキャップテニス(※ブラインドテニス) の内容と 比較すると 次の特徴があります
   ● 全盲・弱視など視力レベルの違いにこだわらず 同じ競技クラスで 対戦の出来るテニスです
   ● 全盲の人と 通常視力の人が対戦できる競技テニス  ※ この対戦に 通常視力の人は アイマスク不要で 力加減しないプレーが可能


日本サウンドテニス協会 総合資料
  
 サウンドテニス競技規定  視力のない人達にも出来るコートの特設方法
   視覚ハンディキャップテニス誕生の原点
 全盲・弱視の人達に テニスの楽しさを紹介  サウンドテニスコート設定資料  内外初の公開講習
   視覚・視力ハンディキャップテニスの開発
 全盲の人達同士/弱視の人達同士の対戦方法  
   サウンドテニス用具
 全盲・弱視の人と視力のある人との競技方法    
 U-tennis 認定指導者講習/プログラマー講習
 
   指導者講習に参加して
 視力障害の人を誘導するガイドヘルプ活動    特別記事
     
    
競技環境開発 so-02  全盲の人達が通常視力の人達のライバルに   視力のある人や弱視の人に勝てたときは最高!
競技環境開発 so-03  障害の違いで区別化しないで楽しむ競技環境   スポーツの魅力を 更に大きなものに展開! 
 
  
サウンドテニスは 対戦相手が全盲の人であっても アイマスクを使用しない状態で 硬式テニスと同じに、伸び伸びとプレーが出来ます。この状態でプレーすると全盲の人は不利になりますが 視力のある人を 上図の小さなコートスペースサイドに限定すると 有利、不利の立場は 感じられないほどの接戦が 可能になります。

小さな競技コートに打ち込む技術と集中力の継続が勝敗を左右するサウンドテニスには奥行き深い魅力があります。
スポーツは 互いに力を尽くし合うことによって競技として成立できることを 具体化したテニスです。
視力の有無には関係なく ライバルとして競い合い、互いに認め合う競技環境を楽しむことが出来ます。
サウンドテニスには
こうしたアイマスク
は不要です

S・ST information ハンディ硬式テニス ENH活動 top