新時代の体育施設 設計参考資料

A サウンドテニス競技コート資料

サウンドテニス標準コート

競技コートは縦13,4m、横6,1mのサイズです。   ※バドミントンコートの外形サイズと同一です。
サービスラインを兼ねるフロントラインとサイドライン、ベースラインに囲まれた範囲をインコートとし、ネットの左右170cmはアウトコートになります。
  

ートの縦方向を二等分した 6,7mの位置にネットを張ります。
ネットの左右670cmの位置
に、ネットと平行したベースラインを引きます。
ネットの左右170cmの位置に、ネットと平行に
サービスラインを兼用するフロントラインを引きます。
フロントラインとベースラインの左右それぞれの両端を結び、サイドラインとします。
ベースラインの長さを二等分した305cmの位置からサービスラインまで、サイドラインと平行に
センターラインを引きます。
※なお、安全にゲームを楽しむ上で次の広さが必要です。 縦方向22m以上 横方向10m以上

体育館等にペイントされたバドミントンコートのラインを使用する際は、ベースライン後方のスペースに注意し、改めて安全を 確保したコートを既存のラインに関係なく特設する必要があります。  新しいスポーツ内容の情報資料がない時期に建設した 体育施設が大半ですが、今後の新設体育館の多目的利用に設計段階でこうしたスポーツ内容の理解と導入が望まれます。

コートラインの幅は、ベースラインとフロントラインは5cm以上10cm以内、他のラインは2cm以上5cm以内とします。白色を基本とし、床面色によって他のカラーラインの使用も認めます。
 
オープンゲームコート

視力レベルが大きく異なる人達が対戦するときのコート規定です
  
   

特定非営利活動法人日本ハンディキャップテニス連盟

日本サウンドテニス協会

サウンドテニス索引