多くの人達の生活周辺に無理なく展開して 新しいスポーツ文化を生み出す S・ST  
S・ST-d1 スーパーボレーは 様々にアレンジして楽しむことができます。 オフィスや学校、宿泊施設の中でリフレッシュ効果を生み出します。
オフィスや工場の忙しいビジネスタイムの中でスポーツを楽しむことで・・ 仕事の効率を高め、作業ミスを減少させます。


ストレスが堆積し易い医療現場や警察、消防などの環境で 勤務中にスポーツタイムを設けることで・・ 安心・安全の質を向上させます。
親しみ易く、数分間のゲーム時間で楽しめる S・ST スーパーボレー が 新しいスポーツ文化を育み、生活と環境を革新する働きをします。

スポーツを楽しむ場所は、テニスも含めて競技規定に適合したスペースが必要です。
このスペースを所有したり、見つけたりすることは、近年むずかしくなりました。  多くの人達が楽しみたいと考えても、都心や住宅地の中にはテニスコートは少なく、コートのある地域まで時間も交通費も多く必要とする郊外などにテニス施設があります。 こうした施設も年々減少の傾向がみられます。

硬式テニスコート1面建設は 600u (34,77m x 17,07m) 前後の敷地が必要 S・ST スーパーコートは その1/3 のスペースで設定可能・・
更に、スーパーボレー Ver S2 コート は、硬式1面スペースの中に 8面の設定が可能・・ Ver S1 Ver S2 コート は 12面以上設定可能。


テニスクラブ運営やスクール事業を企画されるとき・・・ 既存の硬式テニスコートを確保し、順調な事業を進めている関係者は別として、コート施設の資金や経費の他、テニス愛好者の負担なども考慮する必要があります。 その際の関係資料として次の競技スペースが参考になります。

   コート種類   競技コート規定   競技スペース(最小)
 硬式テニスコート  23,77m  x  10,97m  34,77m x 17,07m
     
 S・ST スーパーコート (Ver1 Ver2 Ver7)  13,40m  x  6,10m  21,00m x 10,00m
 S・ST スーパーコート (Ver6)  11,88m  x  6,10m  体育館バドミントンコートを短縮して活用
 S・ST スーパーボレーコート Ver S2  10,60m  x  2,20m  13,60m x 4,00m
 S・ST スーパーボレーコート Ver S1   6,10m  x  2,20m   9,10m x 4,00m

S・ST は、スーパーコート( Ver1 Ver2 Ver6 Ver7 )も、スーパーボレーコート(VerS2)も、既存のテニスにはなかったテニス環境を生み出します。
新しいスポーツ文化を 数多く生み出すのは・・ 最も小さな Ver S1 コート です。

コート幅の 2,20m は、速いボレー×ボレーのゲームでは横方向に移動するのがむずかしいため、小型ラケットの規定サイズ55cmを使用した腕の動きで相手打球をカバーできる許容範囲として決定、コートの長さ 6,10m については子供達や初心者が対戦相手がネットいっぱいに近寄って打球する圧迫感を緩和させるため、ベースラインから 3,00m の位置にポイントラインを設定このラインを両足で越えて打球するとポイントを失う規定です。

コートは小さいのに・・ 既存テニス競技人口の数倍のテニス愛好者が生まれる可能性が高いと評価される理由は、テニスのベテランを含めて未経験者やテニスは上達することがむずかしいスポーツと考えている人達が手軽にゲーム参加し易い点で テニス人口の増加につながります。


どこでも楽しめる小さなゲームコートであっても、室内スペースの関係で規定通りの競技スペースが確保出来ない場所もあります。 
こうした点の解決を考えた柔軟な発想による次のような競技設計が開発されています。

 規定03 競技コート   スーパーボレー Ver. S1-op ゲームコート設定
公式競技大会の企画は別として、コートサイズを様々な環境に応じ、任意に設定して楽しむことが認められます。
Ver.S1 規定のスペースが確保出来ない場所で、一方のコートサイズが室内の家具やロッカーなどで長方形に出来ない場合は
台形、変形が認められます。
 ユニバーサルテニスは 楽しむための柔軟な発想工夫が認められるテニスです。

Ver. S1-op ゲームコート(オプションゲームコート)設定は・・
対戦者の一方が小さく変形したコートでプレーする場合に不利が生じるように思いますが、1ゲーム5ポイント先取2ゲーム先取1セットの競技方法は、不利と思われるコートを対戦者は交代して競技するため同一条件になります。
なお、競技展開がゲームオールになった場合を考慮すると、ゲーム開始前のコート選択権を取るジャンケンに勝つことが必要になるかもしれません。

この規定を活用すると、いろいろな室内や工場の隅、事務机があるところでも、少し工夫することで日頃の生活や仕事の環境の中にスポーツライフが加わって多くの人達が元気な笑顔を生み出す日常風景が見られることと思います。

1minutes Tennis(1分間テニス)の愛称 がつけられた スポンジ・スーパーボレー
○ Ver. S1 競技のサービスは、コート内にボールを自然落下させ、アンダーサーブで行い、この規定に反すると1ポイントを失います。
スーパーボレーのサービスは、1回に1球とし、失敗すると1ポイントを失います。
  サービスの交代を間違えた場合、それまでのポイントは有効です。
サービスは、競技開始から終了まで 各ポイント毎に相手と交互に行い、コートチェンジは
  床面に座った競技方法を除いて、1ゲーム毎に交代します。
床面に座ってプレーするゲームは、ノーバウンドのアンダーサーブが認められます。
○ Ver. S2 競技のサービスは、硬式テニス規則と同じに、ベースライン後方に両足を残して行います。 ベースライン上に足がふれた状態で行うと、フットフォルトになります。
サービスの方法は、トスまたはコート内にパウンドさせない方法で行います。
上肢に運動機能障害のあり、ハンディキャップテニス規定を必要とされる人は、Ver.S1 と同じコート内にボールを自然落下させ、アンダーサーブで行うことが認められます。


このテニス開発には多くの研究開発期間を要したのは、様々な人達の体力や運動能力、更に楽しむための環境づくりを特定の人達を対象にせず、誰にでも楽しめることを具体化するためでした。

競技規則を細かく厳しく設定することは、開発設計に当る関係者としてむずかしい作業ではありません。
しかし、競技規定を厳しくすることがスポーツの質を高めるものと考えているスポーツ関係者がいますが スポーツが誕生した当時のカタチや内容を忘れて、厳しさ、難しさでスポーツの権威を より高くしたいと思っているのかもしれません。

テニスが、速いサービス、瞬発力に優れた運動能力、長い競技時間に耐える体力などのある人達が競技としての頂点を目指すことの厳しさを必要とするのは、多くの観客に見せるスポーツの場合では期待される点のひとつと思います。 しかし、誰もがこうした身体能力を有している訳ではありません。 
みんなが楽しむためのスポーツを育む上で、一定の規則を設定するだけで十分な魅力と面白さを生み出せます。


S・ST-a1 S・ST-b1 S・ST-c1 S・ST-d1 S・ST-e1 S・ST-f1
S・ST-a2 S・ST-b2 S・ST-c2 S・ST-d2 S・ST-e2 S・ST-f2
S・ST の魅力と内容    開発・設計 JHTFクリエイト (旧・ハンディキャップテニス研究協会)