スポンジ・スーパーボレー競技規定


いろいろな楽しみ方と 多彩な活用方法の スーパー ボレー

規定 01
競技ボール
競技ボールは 直径 9cm、 重量 26g以上 28gのスポンジ製ボールを標準とし、ボールカラーは黄色とする。
競技参加者の体力に応じて、直径 7cm以上 9cm以下、 重量 15g以上 30g以下のスポンジボールの使用が認められる。
規定 02
競技ラケット
競技ラケットは、プレイヤーの年齢、体力に関係なく、ハンドルを含めて、全長 55cm以下、全幅 30cm以下とする。 

体力的、身体的に負担になる人達は、ラケットを手首に伸縮包帯などで固定して使用することを認め、卓球競技ラケット並びにスポンジボールの打球を
可能とする他の競技用ラケットを使用することが認められる。  
ラケットを握ることのむずかしい身体機能障害の人達や体力弱い人達については、グリップを改造したものを使用することが認められる。
規定 03
競技コート















































スーパーボレー Ver.S1 競技
略称 スーパーボレー S1 

スーパーボレー
Ver. S1 コートは ・・
縦610cm、横220cmの長方形とし、ネット左右30cmの位置にネットと平行に220cmのフロントラインを引き、フロントラインからベースライン方向120cmの位置にポイントラインを引く。


ネットは、コートの縦方向を二等分した位置にセットし、
側端部で75cm、中央部で70cm の高さに セットする

競技スペースの基準は、左右サイドライン横に80cm以上、ベースライン後方に100cm以上を設けるものとし、周辺環境により 安全を優先した上で 基準以下も認める。

競技方法 B の床面に座ったゲームについては ・・
側端部 55〜45cm、中央部 45〜35cmの高さとする。 
体力や年代によって、規定以下の高さに設定することが認められる。



   ※ ポイントエリアの改定 ・・(2012年9月〜 )
スーパーボレー特別規定 Ver.S-op
※ 特別規定は Ver.S1 Ver.S2 共に 適用可

公式競技は別として、室内の家具やロッカーなどで一方のコートが長方形に出来ない場所では、台形などにコート設定して楽しむことが認められる。
特別規定でコートの一部を変形させた場合、競技コートの左右並びにコート後方の規定スペースは安全面からも確保するものとする。

特別規定コート使用の競技は、変形したコートによりプレーに有利・不利が生じますが、競技方法は、各ゲーム毎に コートチェンジを行い 競技することで 公平なゲームを進めることが出来ます。

スーパーボレー Ver.S2 競技
略称 スーパーボレー S2

スーパーボレー Ver. S2 コートは ・・
縦1,060cm、 横220cmの長方形とし、ネットの左右30cmの位置にネットと平行に220cmのフロントラインを引き、フロントラインからベースライン方向250cmの位置にポイントラインを引く。


ネットは、コートの縦方向を二等分した530cmの位置にセットし、
ネットの高さは 側端部で75cm、中央部で70cmとする。

競技スペースは、左右サイドライン横に100cm以上、ベースライン後方に150cm以上を設ける。



Ver. S2 は通路など幅5m弱の場所なども活用し、サーブ&ボレーの ダイナミックなプレーを楽しめる競技設計です
規定 04
競技方法





















Ver. S1 の競技は 次の @ A B のスタイルでプレーすることが認められる。

 対戦者は同じスタイルで行うことを基本とし、@A または AB の競技スタイルの異なる対戦方法は認められる。
 但し、@B のスタイルを組み合わせた対戦については、競技者相互の打点の高さが大きく異なるために認められない。
@  立位のプレー (スタンディング・ボレー)
A  椅子や車椅子に腰掛けたプレー(チェア・ボレー)
B  床面に座った状態のプレー(シッティング・ボレー)
@ A B

Ver. S1
の競技は、
サービスを含むすべての打球を、片足 または 両足の一部がベースラインとサイドライン及びポイントラインに囲まれた
  コート(ベースコートエリア)内に接した状態で行う。

椅子や車椅子、歩行器、杖を使用する場合は、椅子の脚や車椅子のタイヤなどの一部 または すべてがコート内に接している状態で打球する。

この競技規定によって、コートサイドの左右及びベースライン後方にプレーに必要最小限のスペース設定に規定することで、室内などの小さな場所で楽しめるスーパーボレーの特徴を生み出しています

Ver. S2
の競技は 上記 @ のスタイル(立位のプレー)でプレーする。
○ AとB の競技スタイルの対戦は認められず、車椅子については移動しながらのプレーが可能なために、参加が認められる。

Ver. S2 の競技は、硬式テニスと同じに、フロントライン、ポイントラインに関係なく打球できるものとする。
規定 05
サービス


Ver. S1 競技のサービスは、コート内にボールを自然落下させ、アンダーサーブで行う。 この規定に反すると1ポイントを失う。
床面に座ってプレーするゲームは、ノーバウンドのアンダーサーブが認められる。


Ver. S2 競技のサービスについては、硬式テニスと同じにベースライン後方に両足を残した状態で行い、反した場合はフットフォルトとする。
Ver. S2 のサービスは、硬式テニス競技規定と同じに、空中にトスして行う。
運動機能障害や体力少なくハンディキャップテニス規定を必要とする人達に限り、地上に落下させてサービスすることが認められる。
規定 06
試合方法
スーパーボレーは 1ゲーム5ポイント先取、2ゲーム先取1セットとし、通常は1セットマッチ、大会競技は3セットマッチで行う。
スーパーボレーのサービスは、1回に1球のみとし、1ポイント毎に相手とサービスを交代する。
サービスの交代順序を間違えた場合、それまでのポイントは有効とする。
 コートチェンジは1ゲーム毎に行う。
規定 07
競技の失点

















  プレイヤーは次の場合にポイントを失う。

● 返球したボールの最初のバウンドが相手コートに入らなかった場合はポイントを失う。
● ノーバウンドの打球を身体に当てられたプレイヤーはポイントを失う。
● ネットを越えてくる前のボールを打球したプレイヤーはポイントを失う。
● プレー中、プレイヤーが身につけている着衣や帽子などがネットやネットポストに触れるとポイントを失う。
● 手から離れたラケットにボールが当った場合、そのラケットを使用していたプレイヤーはポイントを失う。
● プレー中のボールをラケット上で一度停止させたり、2回以上ラケットに当てて返球した場合、ポイントを失う。

ネットとフロントラインの間の 30cm のスペースは アウトコートとする。 公式競技以外は このスペースを割愛することが認められる。

打球は片足または両足の一部がコート内に接した状態で行い、Ver. S1 の競技についてはポイントラインの後方に片足を接した状態で行う。
  
この規定に反して打球した場合は1ポイントを失う。
椅子や車椅子、歩行器、杖を使用してゲームを行う場合、椅子の脚や車椅子のタイヤなどの一部 またはすべてがコート内に接している状態で
  打球を行う。 この規定に反すると1ポイントを失う。

床面に座ってプレーするシッティングテニスを行う場合、インプレー中、身体の一部がコートの外に接した状態で打球した場合は1ポイントを失う。

打球が相手コートにバウンド後に身体すべてがコート外にあっても失点となりません。 座り方のスタイルは自由です。 身体が倒れた状態でのプレーも認められます。
規定 08
スーパー
ポイント
ポイントラインとベースライン並びに左右のサイドラインに囲まれた範囲をポイントエリアとし、ポイントエリアにバウンド後の返球に失敗した場合
スーパーポイント(1ポイント)が加わえた 2ポイントを失う。


但し、バウンドする前の返球の失敗については スーパーポイントは加えないものとして、1ポイントの失点とする。
スーパーポイント規定は 初級レベルのプレイヤーの競技の適用外にすることも認められる。
規定 09
スーパー競技
ハンディ










対戦相手よりも競技レベルが上位と見なされるプレイヤーに対するスーパー競技ハンディの内容は次の通りとする。

コード 競技ハンディ内容 ハンディ
V−1  対戦相手の2バウンド後の打球までを有効とする
V−2  対戦相手のコートサイドにポイントエリアを設定しない
V−3  1バウンド後の打球のみを有効とする
V−4  ポイントエリア内の返球に失敗したスーパーポイントを3失点とする
V−5  ノーバウンドで対戦相手の身体に打球を当てた場合は1失点とする
V−6  守備サイドすべてをスーパーポイントのエリアとする
V−7  競技レベルに極端な差がある場合、上記内容以外のハンディを設定する


競技規定管理   NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟     競技開発   JHTFクリエイト