国内車椅子テニス環境開発事業関連の主な活動内容      
                         事業企画・運営主管  日本ハンディキャップテニス連盟/初期団体名称は ルプト・プラン連絡協議会
   
 
1977年〜
ワインカップテニストーナメントを企画し、新たな運営内容で開催 (※12大会実施
 運動機能障害ハンディがある人達のテニス参加の理解を図る内容を加えるなどハンディキャップテニス基礎研究
Page 3 fa
1981年〜
車椅子のコート使用許可を公営施設に申込み・・ 国内の実施例がない・・との回答で利用不可に・・
 ここから 本格的な環境開発への取り組み開始
 基礎研究から総合研究開発プログラムに推移
Page 6 fa
1981年〜
車椅子のコート使用への理解を得る目的のテストに建設企業各社に協力を求める
日本テニス協会、プロテニス協会に車椅子テニス環境づくりの提言文書を送付−−可能な範囲で協力との回答
1982年
コート設計施工企業 並びに 車椅子メーカーの協力で ケミカルコートを使用した車椅子関係テストを企画
 車椅子使用者の転倒等の安全性確認と使用コートの耐用性など各種テストを実施
Page 5 fa
1982年〜
神奈川県総合リハビリテーションセンター内で 車椅子テニス開発を兼ねたテニス講習の定期講習実施
国立身体障害者リハビリテーションセンター内で 車椅子使用者を含む様々なハンディ対応の定期講習実施
車椅子のテスト資料を提出し、公営施設(横浜本牧市民公園)利用で様々なハンディ対応の定期講習実施
Page 7

Page 8

Page 9
fa
fa
fa
1982年〜      
ハンディキャップテニス普及の地域サークル育成に向け、各地に定期企画のテニス教室を開設 
 テニス指導のボランティア育成を合わせて実施
Page 4 fa
1983年〜
エキシビションで車椅子を使用したテニス内容を ワインカップテニストーナメント等の企画 並びに各種イベントで
公開、車椅子テニスの具体化への可能性を紹介    
fa
1983年〜
ハンディキャップテニス地域特別講習を 神奈川・藤沢市、横浜市、東京・世田谷区の民間コートで実施
Page 10 fa
1983年
一般テニス大会主催者の理解によって車椅子使用者と上下肢障害の人達がボランティアスタッフとペア参加
障害ハンディのない人達のペアから初の1勝を獲得
Page 11 fa
1983年
車椅子使用者を対象に、中古テニスラケットを用いた身体機能強化運動プログラムを開発し、企画指導実施
fa
1984年〜
日本国内初 <車椅子テニス競技大会> を企画  リハ施設関係者、テニス愛好者との協力で開催
 第2回企画から <日本車椅子テニス競技大会>に改称  (※第3回大会から 愛好者中心の運営主管に移行)
Page 12 fa
 ※各事業の継続期間は 2〜8年間

日本の車椅子テニス環境誕生の関係資料ページへ