バリアフリースポーツ環境づくりの施策を求めて
「ルプトプランレポート No−1」
 いろいろな心に出会い、いくつもの心が交わり合うところで育まれた新たなスポーツ世界・・
テニスの楽しさを育むスポーツ環境と温かな社会環境づくりへの取り組みが進みました。

1977年から、障害による運動機能のハンディに対応したプログラムを中心に、高齢者や幼い子供達などに対するスポーツ参加の機会を増やすことに向けて テニスの新分野開発を進めてきました。
数多くの人達の温かな協力と様々な方面の支援によって スポーツ参加の楽しさとテニス参加のゆめを 広げることができたように思います。
                               
                      
1985年、<テニス>をテーマとした生涯スポーツ研究資料 「ルプト・プランレポート No-1」 を作成、各都道府県並びに制令指定都市の行政長や各関係方面に送付しました
                                             
レポート内容は、1970年代にスタートしたハンディキャップテニスの基礎研究から 1981年以降のプログラム事業を編集した資料です。
障害ハンディ のある人達のテニス参加への理解が広がることを求め 地方地域のスポーツ環境整備の政策を要望する書面と合わせて送りました。

残念ながら、各都道府県、政令指定都市からの回答は得られませんでした。 
各行政の責任者に届く前 関係担当者の手元で処理されたのかどうか分かりませんが、いづれにしても理解の少ない時代でした。
  
その後、ボランティアなど多くの人達と障害ハンディがある人達などの懸命な活動によって、このテニス内容の啓蒙普及が進められてきました。
車椅子や松葉杖などを自由に使用できる利用施設探しに、関係者の多くが苦労を重ねていたことを振り返りますと・・ 当時、時代の先を見る施策・政策を考える人達と出会えなかったことが惜しまれます。



ルプトプランとは・・ Let’s play tennis together − Plan の頭文字 LPTT−Plan です。
英語の苦手な者がつくったため、英語表現として誤りがあるかもしれませんが・・
障害のある人達や高齢者、幼い子供達や病弱の人達にも 一緒にテニス参加 を呼びかける計画・・ との意味です。


21世紀の 良き時代を創るのは ‘人’ です・・

提言・レポートを送付した15年先の2000年 ・・ どのような社会環境とスポーツ環境づくりが 進んでいるのでしょうか ・・
差別化のないスポーツ環境、スポーツ内容が温かく育まれる社会であることが 期待されます



 ルプト・プランレポート No-1

1977・・、年齢、体力の違いや運動機能の差などにもこだわらず、すべての人々を受け入れる温かなスポーツ社会の実現に向け、テニスをキーワードのひとつにして生涯スポーツ、万人スポーツの内容が名実の伴うものになることを願う活動が国内でスタートしています。

様々な情報収集、研究開発を兼ねた各種の企画やイベントの積み重ねなどを進め、その環境づくりの具体的な取り組みのひとつとしてそれまでコート上では実現のむずかしいものとされていた車椅子テニスの競技開発が当時ルプトプランの名称で1981年12月からは各方面に情報を発信、提供し、公開プロジェクトとして進められきました。  

地方地域の一部にこうしたテニス競技の実現を望む人も 僅かに存在していたことを後年の情報から確認しましたが、30年近く以前には 車椅子でテニスを楽しむということにも、また 通常のテニスコートに車椅子を持ち込むことへの理解も 少ない時代でした。

ここに紹介します様々な資料は 日本テニス協会、日本プロテニス協会の一部関係者をはじめ、数多くのテニス関係者、愛好者がボランティアとして協力し、設備や用具などの提供に理解を示された関係業界の範囲を超えた多くの企業、財団等の温かな支えで新たなテニス環境が育まれた記録の一部です。
  
生涯スポーツ研究 <テニス>
ルプト・プランレポート No−1
(1981年10月−−−1984年12月)

 参照  dev20