バリアフリースポーツ環境づくりの施策を求めて

「ルプトプランレポート No−1」

いろいろな心に出会い、いくつもの心が交わり合うところで育まれた新たなスポーツ世界・・
テニスの楽しさを育むスポーツ環境と温かな社会環境づくりへの取り組みが進みました



1977年から 運動機能障害に対応したプログラムを中心に、高齢者や子供達などに対するスポーツ参加の機会を増やすテニスの新分野開発を進めました。
数多くの人達の温かな協力と様々な方面の支援によりまして スポーツ参加の楽しさ、テニス参加の機会を広げることができたように思います。
                                                     
1985年 <テニス>をテーマとした生涯スポーツ研究資料 「ルプト・プランレポート NO-1」 を作成、47都道府県並びに制令指定都市の行政長に送り、テニスの専門協会方面にも送付しました。
                                             

レポートの内容は 1970年代にスタートしたハンディキャップテニスの基礎研究から1981年以降の具体的なプログラム事業内容を編集した資料に 障害ハンディがある人達のテニス参加への理解が広がることを求め 地方地域のスポーツ環境の整備、政策を要望する書面 を合わせて送りました。

残念ながら、各都道府県、政令指定都市からの回答は得られませんでした。 
行政長に届く前に関係担当者の手元で処理されたのか・・どうか・・ 障害のある人達のスポーツ参加に理解少ない時代でした。


  
その後、ボランティアなど多くの人達と障害のハンディがある人達などの懸命な活動によって、このテニスの啓蒙普及が進められてきました。
車椅子や松葉杖などを自由に使用できる施設探しに、関係者の多くが苦労を重ねていたことを振り返りますと、当時、時代の先を見るこしの出来る人達と施策に出会えなかったことが惜しまれます。



 ルプトプランとは・・ Let’s play tennis together − Plan の頭文字 LPTT−Plan です。
 英語の苦手な者がつくった和製英語です  英語表現として誤りがあるかもしれませんが・・

 障害のある人達や高齢者、幼い子供達や病弱の人達にもテニス参加を呼びかける計画・・ との意味です。
 研究協会の旧団体名称 <ルプトプラン連絡協議会> の編集発行によるレポートです。 その後 団体名 JHTF として NPO事業を継続しています。

 
 ルプト・プランレポート NO-1へ

21世紀・・ 良き時代を 創るのは ‘人’ です・・
更に・・ 15年先、どのような社会環境とスポーツ環境づくりが進んでいるのでしょうか・・・
差別化のないスポーツ環境、スポーツ内容が 温かく育まれる社会であることが期待されます





プロジェクトdev20ページへ