ENHファィル     広域被災地域の中で

 ここにご紹介のレポート内容が将来、国内外で発生するかもしれません大規模災害に対し、少しでも参考となれば幸いです。
 当時の資料記録はまだ相当量(一部は諸般の事情から処分)の内容がJHTF事務局に保管されています。

   Encouraging Network ‘Heart’

スポーツも、生活も・・かけがえのない生命が守られ、大切な健康が維持できる環境の中で成り立つものです。
しかし、
その大切な環境や心安らぐ時間を失った人達の被害情報を目にしたとき・・
何か・・‘今’出来ることを行動に・・ 
当時、この行動の起点として設立したのがENH活動事業部です。

 ●page01 被災地から最初のレポート ●page02 支援活動への理解と協力 ●page03 仮設住宅の状況と活動
 ●page04
 ボランティア活動のむずかしさと喜び ●page05 被災地情報の報道とNPO活動支援について
 ●page06 当たり前で良いのか? いつも軽視される人達 page07 被災地域を見つめ・・実現できなかった企画

このENH活動は、1995年の被災地域支援活動から始まっています。 被災地域の高齢者や障がいのある人達、子供達の支援に向けて、スポーツ活動でつながった各地の人達とのネットワークを活用しつつ、幅広い地域から参加された人達と共に活動が始まりました。


当時、支援プログラムの中には緊急支援物資と共に、オプションとして子供達のために贈るテニス用具類も加えました。 この用具類を使用して、避難所や仮設住宅地域の中でスポンジテニスの紹介と練習指導も進めました。 テニスプログラムは子供達ばかりでなく、周辺の大人や支援活動のボランティアの方々にも喜んで戴き、長く続く避難生活や支援活動の疲れやストレスをひとときでも忘れる時間にしていただけたのかも知れません。


     

この阪神淡路大震災は・・
数多くの尊い命を奪い去った自然災害の恐ろしさは被災した地域や多くの人達の心に深い傷跡として残りました。 現在、神戸とその周辺地域の外観は美しさを取り戻したと思いますが、未だに心に深い悲しみを秘めている人達も数多いことと推察しています。 それぞれに新たな希望とゆめを見つけ、悲しい思い出と置き換えていかれることを願っています。

ENHの活動のひとつに・・被災した人達の心配事や不安な気持ちを同じ目線で聞き取ることによる心のケアを加えました。 この活動のボランティアのレポートの中に・・ 高齢の人が地震に襲われたときのことを話すのを黙って聞いてあげただけなのに、涙を流して 「ありがとう」 と言われた。 小さな活動が少しでも役立ったことを被災地から遠く離れた地域から参加された人達が感激的に話していただきました。
支援方法の技術も体力もないのに、いても立ってもいられなくて、地方の自宅からボランティアとして参加してきたものの、何もできないのではと不安だったことがこのときに被災した人から感謝の言葉を受けたことで逆に励まされたように感じたことを活動の終了後に報告してこられた人もおりました。 精神科医でもカウンセラーでもないボランティアの人達の行動が、誰にも話をする機会の少なかった人達の心と向き合い、少しでも安らぐことに役立った一例かと思います。

ここに紹介を進めて参ります当時の2年間前後の被災地域の様子は忘れたい内容でもありますが、しかし風化させてしまうことは、失われた多くのかけがえのない生命が存在した街と時代、被災地の中で懸命に周辺の人達や自らを励ましながら生活を立て直した人達の存在なども消し去ることにつながるのではと考え・・ 万一の災害発生時の支援方法などに多少でも参考になればと編集を図りました。

行政など各方面の関係者が見せた被災後の対応や当時のマスコミの視点に対する指摘、また、私達ボランティアの活動姿勢などの反省点も加え、震災が生んだいろいろな問題点をほんの少しですが記録として残して参りたいと思います。 今は美しく復興した街並みの姿を思い、元気を回復した人達の笑顔にいつか再会できることを願いつつ・・ 当時、黙々と歩き続けた道を機会があれば訪ねたいと思っています。
 

被災地域活動を振り返るレポート編集に当って・・
当時、関係方面から入手した避難所リストに記録された兵庫県内1,000個所以上の場所、その中で各地域から集まったボランティアの方々と訪ねることができたのはその一割程度でした。 時間の経過と共に多くの被災した人達は仮設住宅に移り、ここで本格的な地域復興が進むまでの間、厳しい生活を余儀なくしておりました。 いろいろな方面からの情報を基に、数ヶ所の大規模仮設住宅地域を中心に訪問活動を継続しました。
 
   被害の大きかった淡路島を訪ねる
不安と寂しさが続いている方々の心のケアに少しでも役立てばと、神戸の仮設住宅地域で数回実施しました <星空を見る集い>を具体化できる場所と協力を求め、地域の災害対策本部やボランティア団体を訪ねました。
 
当時、淡路島と神戸を結ぶ明石海峡大橋の工事が進んでました。 この工事を横に見ながら、正面の淡路島を視界に入れると、島の人達の被災に耐えている姿が、一度も訪れたことのない地域でしたが、まだ船上にいながらも目に浮かんだことを記憶しています。
 さつきの花の鮮やかさが、なぜか物悲しく見えた市内各地の公園は倒壊した建物の瓦礫の置き場所に・・・
当時、神戸市内のすべての公園はこうした姿に変り、体育館なども避難所として使用されており、多くの学校の校庭は仮設テント等が設置されている中で、子ども達は遊ぶ場所を失っていました。 心のストレスに加え、身体にも大きなストレスが生まれていた子供達の数は想像を超えた規模であったことと思います。
1995年(平成7年)1月17日午前5時46分・・
兵庫県南部地域に発生した大地震は6400名余りの尊い命を奪いました。 ここに当時の記録とレポートの一部を公開するに当りまして、改めて災害に遭った方々のご冥福をお祈り申し上げます。

国内ばかりでなく、世界的にも地震や噴火、洪水などによる大規模災害が多発しています近年、自然災害に遭遇したとき、人の命と健康を支えられるのは、周辺にいる人達のやさしさと積極的な行動です。
災害の跡も生々しい神戸や淡路、周辺市区の中で被災した人達自身の感動的なボランティア精神に接しましたが、被災した人達の気持ちと健康を必死にサポートされていたボランティアや消防、警察、地域行政など幅広い方面の数多くの人達に出会うことができ、その行動する姿が胸を打ちました。

ENH活動として被災の現地に入ったのが震災発生から10日目のことでした。
倒壊した建物の下にいた人達の命を救出することは出来なかったのですが、大震災の災害に遭って亡くなられた人達が最後の一瞬まで生きようとされていた時の気持ちを既に10数年を経過した今でも思いしのぶことがあります。

当初の3ケ月近く、兵庫県下のほぼ全域を訪ね、避難した人達の健康を少しでも守りたいと思いつつ心のケアを主とした活動内容が表記のエンカレッジング・ネットワーク・ハートと名称した災害被災地域支援の市民活動でしたが、しかし、当時を振り返りますと、現地での活動範囲と内容は毎回、活動事務局や現地活動拠点を出発する前に考えたことの数分の一程度の規模に留まったことを記憶しています。

現在もこのときの災害による後遺症や生活の不安に苦悩している人達がいることと思いますが、今はその人達の心を思うだけで具体的な支援はできておりません。 神戸などの関係方面からは、元気の不足する人達に工夫や企画を考えてサポートする人達が更に増えていることの情報を戴いております。 きっと、信頼と支えあいの中で元気を回復した人達のさわやかな笑顔が生まれていることと思います。

神戸に限らず、被災を経験をした各地の人達の活力が早くに甦ることを願い、また、温かな光の届かないところにいる人達に対し、健康と平安の日々を楽しめる地域環境づくりへの施策が機会均等に進められることを願っています。
 
国道2号線は、延々と車の列が続き、その中に自由な動きが出来ない消防車など緊急車両の姿が多数見られました。 支援の物資や器材を運ぶ車両の数を大きく上回る自家用車両の一台一台には、家族や友人、知人の安否を心配し、少しでも食料、衣類を届けたいとされる人達が懸命に被災の現場に向かっていたことと思います。 その後、公的支援車両を優先するために交通規制が国道、高速道路などで行われるようになりました。
 Encouraging Network ‘Heart’ とは・・

この名称は、阪神淡路方面の被災地域で活動を進めるために、その活動内容と目的を考えて設けたものです。
スポーツ開発を進めてきたNPO団体がその主とする事業目的とは異なる活動内容という点も考慮し、活動の初期はJHTF事業とは切り離して進めました。

この活動の運営に当り約6ケ月ほどの間、スポーツ関係のNPO事業については80%ほどは休止状態にありましたが、その後、事務局を同じくするNPO活動であり、スポーツ関係会員の一部にも理解が広がって、事務や業務の時間調整などの関係も考え、JHTF−net の新しい活動事業部としました。

エンカレッジング・ネットワーク・ハートは・・ 「元気づける心をもった人達の輪」 との意味をもたせた和製英語名です。
この活動の創立当時から約2年の間、当時、ボランティア活動募集などでお世話になりました各報道機関のお知らせでは、活動名称、団体名を <ネットワークハート> と略称しておりました。

●事務局ボランティア活動の時間不足から、この当時の活動記録と資料が数百ファイル、いまだに数個のダンボール箱に 納められたままです。 その内容は今後の防災や支援活動などへの様々な視点、思考の課題を提供できるものと考え、 保管しております。 早くにご紹介が出来ればと考えております。

Page 01
被災地から発信 最初のレポート


ENHファイル索引ページへ