ユニバーサルテニスの啓蒙普及 と このスポーツ内容を 幅広く社会活用していく情報の発信
JHTFのNPO事業活動基本は  支え合う社会づくりです
     

1977年に始めましたボランティア活動は、NPO事業としてこれまで多くの事業活動を企画・運営して参りました。
この30数年間にわたる各種事業には、市民レベルとしては多大な資金を必要としたものばかりですが、数多くの温かな協力支援を賜り、国内初、国際的にも初となる研究・企画を スポーツ環境のみでなく、社会的に有益な効果、成果につなげることが出来ました。

規模大きいイベントには、企業、団体、財団・社団などから温かな支援を戴く一方、国内各地で実施しました様々な企画事業に個人、団体の良き協力支援が集まりました。 いずれのNPO事業も、関わって戴いた方々、支援協力された各方面におかれては、それぞれの時代前に実例がない内容ばかりでした。
しかし、当団体並びに企画運営の関係者を信じて応援した戴いたことで、いくつもの新しいテニス環境が生み出されてきました。

新しいスポーツ環境づくりと競技設計を活動のキーワードにした事業ですが、この活動内容は既存テニス環境の枠を超えて、福祉やリハビリへの活用を進めると共に、各種の事業を 通じて生まれたネットワークを活かし、阪神淡路大震災の被災地域支援を最初にして、三宅島噴火や中越沖地震などの被災した人達や子供達の支援などに力尽くすことが出来ました。 東日本被災地域の支援については資金不足で中断したまま現在に至っております。

2014年、イベントや研究など含む多くの資金やエネルギーを必要とするNPO事業は活動の幕を閉じることとしました。
しかし、新しいスポーツ文化を育むための専門資料の編集・公開とユニバーサルテニス指導者の資質向上に必要とする情報発信は継続して参りたいと考えております。 このための事務局運営経費と一部の規模小さな講習企画に温かなご支援を賜りたく、お願い申し上げます。

本サイトの情報は、国内全域を含む世界80ヶ国以上の多くの国と都市で参照されており、未編集の内容も加え、多くの方面に無償で提供したいと思います。

温かな理解 と ご支援を お願い申し上げます

ご寄付の方法
  個人 1 口 3,000円    法人・団体  1 口 10,000円  
情報発信
教材・資料編集
の費用に活用
これまでのNPO事業運営の人件費は0です  経費は過去30年間平均 約400万円  近年は150〜200万を必要として参りました。

内外唯一の各関係情報の発信、提供を 今後も無料で進め、この事業活動の趣旨に賛同して下さる方面からの協賛支援を求めて参ります。

ご支援は 本サイト上に紹介しております事業内容・実績と活動方針などを確認されて、ご検討を賜りたくお願い申し上げます。
JHTF活動事業基本方針    NPO事業 file
  
ご寄付の
指定口座
 ○銀行振込の場合
     三菱東京UFJ銀行 大和支店
     口座番号   普通  0849085
    口座名     日本ハンディキャップテニス連盟
 ○郵便振替の場合  ※郵便局の振込用紙をご使用ください

     口座番号    00240−2−32311
     口座名     日本ハンディキャップテニス連盟
                     事務局   〒242-0006 神奈川県大和市南林間7-14-6 Nハイツ203
                              特定非営利活動法人 日本ハンディキャップテニス連盟

                           電話  050-3356-0553   mail  jhtf02@jhtf.org

※ボランティア活動による運営のため、不在の留守番電話が応答する場合があります。
留守番電話にメッセージを お話戴けましたら、事務局より ご連絡を申し上げます。


    ご支援を戴きました方には、領収書とご挨拶をお送りしたいと思います。 次の内容を事務局までご連絡ください。

  @ 氏名 (企業団体の場合はその名称)  A 住所 (企業団体の場合は所在地)  D ご連絡の電話  E メール
  F ご案内の特定事業を支援される場合はその事業内容の記号をご記入ください

  
G 各事業の推進状況等の随時報告のご希望  H スーパーテニス・サウンドテニス体験参加のご希望
  I 事業内容等の詳細について当団体から訪問説明のご希望  J お問い合わせ内容

 ご連絡戴きました個人、法人情報は当団体にて厳重に管理し、個人並びに法人等の許可なく 第三者に提供したり、外部に公開することはありません。
 ご支援方法につきましては当NPO事業運営の全般に対して、また、特定事業内容を指定することもできます。

NPO事業はそのすべての活動に人件費は 計上しておりません。  計上しないというよりは 資金がなかったことが現実ですが、新しいスポーツ開発などの多様な先進、先駆的な事業を 心温かな人達のボランティア対応によって数分の一以下の資金で推進できたことに深く感謝しております。
これからも 皆様方の賛助、ご寄付を 関係活動の貴重な資金として活用させて戴きます。


  特定非営利活動法人日本ハンディキャップテニス連盟   代表 三宅 孝夫