JHTF(日本ハンディキャップテニス連盟)の活動は、競技やスポーツレクリエーションの開発と その啓蒙普及までの企画を中心に 良きスポーツ環境づくりと ボランティア活動の発掘など幅広い事業を進めて参りました。 また、新しいテニス分野を育む競技の関係協会事業の育成、支援も推進しています。

JHTFはNPO団体として、その事業目的と活動を多くの人達の理解と力を戴き継続することができました。
多くの方々の物心両面にわたる各活動プログラムへの協力によって、数多くの人達にテニスを楽しむ機会と環境を提供し、新しい交流機会が各地に生まれました。

研究協会
(※当初の名称はルプトプラン連絡協議会) の活動とJHTFとしての活動は 1977年から30数年になります。
こうした歳月の中、時代と周辺環境の推移に伴い、個人並びに各サークルがそれぞれの考え方をベースに楽しむ機会を身近な場所につくり出しています。 

研究協会
(※現在は JHTFクリエイトに改称) 並びにJHTFの活動は ボランティア活動としての範囲に留まらず、ボランティア精神はそのままに活動規模は 本部関係活動のみでも 年間 2,000〜3,000時間に及び、これに資金づくりの時間等を加えると相当量の事業となります。

こうした時間等を投入したことにより dev20 などの記録に紹介しております内容の具体化に結びついております。
これらの事業もご紹介の時間等の数倍、数十倍の協力、支援を広く戴きましたお陰です。 心通う人達や関係各方面との交流、連携の輪を広げて参りました。


JHTFの活動事業は、ふたつの大きな柱で構成されています。
ひとつは、テニスの新分野とするハンディキャップテニスの研究開発と啓蒙普及を進めることによって地域のボランティア活動の掘り起こしとテニスを楽しむ人達への情報提供を行っています。 もうひとつは、このテニス内容の競技とスポーツレクリェーションの活動企画の実施です。

これらの活動、事業の対象者は このテニス内容に関心をもつすべての人達です。 しかし、団体名称とテニス内容の名称から 多くの人達は障害のある人達を対象としたテニス内容と考え、その関係活動との印象をもたれるようです。 

確かに 研究開発の最初のプログラムは 下肢に障害ハンディをもつ人達がテニス参加可能環境と理解を生み出すために国内で初めての車椅子テニス競技の具体化に全力を注いだことに加え、様々な障害内容に対してテニス参加の機会を広げることに努めてきため、こうした一面からは障害者スポーツの団体と思われたのかもしれません。

しかし、これまでの幅広い事業の実績等について当サイトのページなどを参照戴き、このNPO事業の内容を障害のある人達のみに限定せず、幼い子供達や高齢の人達、体力の不足する人達とテニスレベルの少ない人達などを対象にして そのスポーツ心を満たす競技環境、レクリェーション環境を育むテニス内容と活動です。

事業の一部として 全盲の人達のテニス競技を開発する一方、スポンジボールの特徴を活かしたスーパーテニスは 経験豊かなプレイヤーが初心者や子供達を同一の競技環境の中に誘い、互いに全力を尽くして競い合うことのできる競技方法を開発し、すべての人達が対等の目線でふれあうスポーツ環境づくりの事業です。


なお、近年に入り、生命と健康、環境福祉を守るボランティア活動内容を第3の柱として加わえております。 
テニス開発を通じて培った多くの情報、経験を、救命、防災(被災地支援含む)関係の現場で役立つ情報、技術として提供しました。
スポーツ環境の開発活動で培ったノウハウや人材のネットワークを活用し、被災した人達や失意の人達を少しでも元気づける企画を生み出したいと加えました。

この活動の発足は、1995年の阪神淡路大震災の被災地域支援活動を数年間継続した取り組みがきっかけです。
ハンディキャップテニスのスポーツ活動を主目的とした団体でしたから、こうした防災や地域福祉の活動内容に登録会員が参加することは任意としています。


 スポーツテニスの新分野開発と啓蒙
 スポーツテニス参加の条件,制約を外す  誰でも楽しめるスポーツに
 スポーツテニスの魅力を様々な環境の中に

JHTF事業目的 実施事業 file JHTF活動機構