サウンドテニスの新世界   競技開発  全盲・弱視の人が 視力のある人と 全力で競い合うことの出来るテニス
  


サウンドテニスは シングルス競技として開発されています。 ダブルスは パートナー同士の位置が分かり難く 安全性から開発していません。
視力のある人 と 全盲の人、また 視力のある人 と 弱視の人との 対戦を可能とするテニスです


視力のある人が 左図のように アイマスクを使用した場合 全盲の人達に比べて 1/5 程度しか動けません。
また 音源入りのサウンドボールを使用した打球方法も むずかしく ゲームを 楽しむことが出来ません。

しかし サウンドテニスの開発は 視力障害の人達が 視力のある人達と 一緒に楽しめる競技を具体化しています。
視力のない人達に対して 参加の門戸を 閉ざすスポーツにはならないようにと考え、設計されたテニスです。


   サウンドテニス競技開発の具体的な内容は ・・

視力障害のある人とない人の対戦ゲームを実現させるときに 双方の力を違いを考えた方法でないと 公平を欠く競技方法になります。
このテニス競技は 全盲の人と競い合う対戦相手を 世界4大大会のトップレベルのプレイヤーも参加可能にする競技設計です。

視力のある一般プレイヤーは アイマスクを使用すると テニスの実力を十分に活かすことが出来ません。
そのため 全盲の人と対戦する場合 視力のある人はアイマスク不要として 更に 力加減をしない競技方法を設計しています



SO−1コートは 視力のある人が有効とされる規定は コート幅が 基本的に 100cm(サービスコートは 50cm) です。
このコートは 幅 100cm(サービスコートは 50cm)に規定されており、標準コートの約1/6 です。

この規定では コートの最小幅を 80cmから 120cm までの幅を 対戦者の力量差によって 競技開始前に選定出来ます。


トップレベルのプレイヤーが全盲の人と対戦する場合に限り コート幅40cm、サービスコート幅を20cmとする特別規定が認められます。
このコートは、標準コートの約1/15 になります。

経験豊かな人達は 打球コントロールの力を維持する集中力が必要とするテニスです。 しかし ゲームが進むに従い コントロールが難しくなります。
長いゲームの中で 試合終了まで 打球をコントロール出来るプレイヤーが勝利を獲得します。 

視力のある人は 対戦中の相手が全盲であることを忘れるほどに 緊張した試合展開が生まれるのが サウンドテニスです。 
ゲーム体験すると 視力のある人は 全盲や弱視の対戦相手に苦戦するのも このテニスの面白さです。




弱視の人達が 視力のある人と対戦する場合の競技コートは SO−2 コートです。 
コート幅を150cm(サービスコートは 75cm)に規定していますので、標準コートの約1/4 です。


視力障害の内容は 一般的に 全盲、弱視と区分されますが、弱視については 数百以上の 様々な視力レベルの人達が存在します。
このため 規定コート幅は 対戦者のレベル差によって 200〜400cmのコート幅を 競技開始前に 選定出来ます。 大会では事前にコート幅を規定します。


サウンドテニスは 弱視の人達を視力の違いだけで区分するのではなく、競技参加することで個々の競技レベルが分かります。 
次回のゲームから 対戦相手との競技バランスを考えたコート幅を決定し 大会競技では 一定のコート幅を規定した競技クラスを設けて行います


当初のハンディキャップテニスに始まり、近年はスポンジボールを活用したユニバーサルテニスの内容として展開している このサウンドテニス競技の開発は・・・
  人が 無理に規定に従う競技とはしないで、人に適した 競技方法を 規定とするテニス競技 を 基本設計しています。


  ここに SO−1 コート(左図)と SO−2 コート(右図)を ご紹介します。  ※参考 サウンドテニスコート資料

 SO−1 コートは・・
全盲の人が 幅100cm の左サイドでプレーし 通常視力の人は 標準コートの右サイドでプレーします

 SO−2コートは・・
全盲と弱視の人の対戦に また 弱視と通常視力の人の 対戦に使用します


互いに全力を尽くして競い合うのが 競技スポーツの基本です。 
別記に紹介の スポンジ・スーパーテニス も含め サウンドテニスは 初心者などにも楽しめるレジャー性も含めて 優れた競技として 開発設計が進んだスポーツです


テニスを含めて 多くのスポーツは 体力の違いが 勝敗に大きく反映します。 従って 競技開始前に 対戦者の大きな体力差があれば 競技結果に 結びつき その対戦内容には 競技としての面白さは生まれません。

ユニバーサルテニス設計は 対戦する人達の体力や運動機能、視力などの違いや有無にこだわらず 全力で競い合えるスポーツづくりを基本としています。