JHTF
特定非営利活動法人 日本ハンディキャップテニス連盟
JAPAN HANDICAP TENNIS FEDERATION
update  2022/07/31
新しいテニス研究開発内容 と テニスの幅広い社会活用を 紹介する 総合情報
本サイト上には 200P以上の資料・情報を 常時公開しています

  テニス事業内容別 索引
  Index according to tennis business contents
  本ページ上の文字と画像は 多くの資料ページ に リンクしています
  The letter on this page and the image link to many document pages
 
 企画 情報
 information
 
スーパーテニス
Super tennis
 
 サウンドテニス
Sound tennis
 
ハンディ硬式テニス
Handy tennis 
 
 ENH活動
ENH activit
  2022年 NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟からのご挨拶  
2022 from NPO Japan Handicap Tennis Federation
 
  公開しております資料は 各国の言語に翻訳して 教材などに ご活用下さい  転載・複写の許諾は不要  

 テニスを愛好する心と行動を 社会に活かしてください
Please make use of your heart and actions that love tennis in society


本サイトで紹介の様々な資料情報は 40年余の間 100以上の企画事業に 無名・有名を問わず延べ数万の人達が 無償・無給で関わったことで 具体化した内容です。
後世の人達を含む 多くの人達や子供達が 安全に 費用少なく楽しめるように 設計工夫した内容が大半です。 この JHTFの活動は まもなく 終了します
                                                ・・NPO事業の運営と今後について・・



このJHTF事業終了までの時間に・・ 本サイトで公開しています多くのNPO企画事業の内容について
事業の詳細や企画運営方法などの質問とお問合せについて お答えしてして参ります
 
質問は グーグル翻訳で可能な 言語で ご連絡ください   回答は 日本語で行います
お問合せ・相談ページ へ

質問等に 回答の出来る期間は 関係者の体力次第で 最大2年間  数ヶ月で終了する場合もあります
先駆的な競技設計や先進の事業企画の実務内容は 多くの方々の各種活動に 活かすことが可能です
回答者   
JHTF 理事長 ( プロフィール紹介 )


 

ウクライナからの避難者を支える テニス活用の支援プロジェクト
ウクライナ避難者支援 2022 詳細

ウクライナからの避難生活中の子供達とその家族を支える内容です

 この支援プロジェクトに ご支援 お願いします
 温かな寄付金の内容と活用状況は 随時 ご支援者に報告して参ります

 ウクライナの人達は・・ 家族などの命を守るために  数百万の規模で避難していますが 避難先では 苦しい生活が続いています
 避難した人達は 生活の維持に必要とする資金や資産のない人達が大半です  この人達に 様々な支援方法を工夫したいと思います


 国内でも 大雨や地震・災害の被害を受けて 苦労している人達が 数多く存在します・・
 少しでも早くに 支援の力があれば・・ 更に 本当に元気になれるまで 継続的な支えがあれば 最適な支援方法のひとつになります

 

スポンジボールを活用するテニスは 避難生活の体育館や通路でも安全に楽しめますが 1984年の阪神淡路大震災被災地域支援で実施したことに始まります。 
その後 2000年の三宅島火山噴火の危険から 避難した子供達が生活する東京あき野の秋川高校施設で支援プログラムに採用して 多くの子供達の笑顔を育みました。

2006年の中越沖地震の新潟県小千谷市被災地域支援に 地元高校生と 小中学校の子供達にテニスの楽しさを紹介し 仮設住宅で生活する子供達などが 楽しむ機会を設けました。 2011年の東日本被災地域では 資金と活動時間の関係から 名取市内の小中学校に ラケットとスポンジボール 50セット余を寄贈し その後も用具を追加寄贈しました。  運動経験のない子供達も手軽に楽しめる スーパーテニスとスーパーボレーの優れた特徴は 被災した各地域の子供達と周囲の人達には好評でした。


     
子供達は身体を伸び伸び 大きく動かすことが大好きです  ゲーム性のあるスポーツは 子供達が 友達を増やすことに 役立ちます
日本とウクライナ 言葉が異なり 最初は会話少なくても  ゲーム参加を通じて互いに 異なる言葉を 早くに学ぶことが出来ます


  
ウクライナ避難者支援 2022 企画の背景と プロジェクトの目的について


テニスは 競技スポーツとしての内容に加えて 社会活用の道を開発することで 更に魅力的な内容が生まれます。 
戦災から逃れて ウクライナからの避難した人達や子供達の数は 500万人以上ですが この人達が再び母国に帰るまでに 多くの苦労に耐えています。
スマホ型翻訳器は・・ 避難中の家族には 日常生活のために絶対的に必要です・・ 
子供達には 他の言語を学び 友達を増やすことに役立ちます。

新しいテニス内容は ゲーム方法の基本を学ぶことで 会話がなくても楽しめますが 言語の異なる子供達同士が一緒に遊ぶ上で 少しでも共有の会話が出来れば より一層ゲームを楽しめます。 避難してきた子供達は テニス参加を通じて 少しずつ短い言葉を ゲーム中に理解できるようになります。
子供達がテニス参加で身体を動かすことを楽しむ様子は 家族も子供達の笑顔を見て 安心して見守ることができます。

この支援企画は ウクライナの子供達のみでなく 国内のひとり親家庭や厳しい経済家庭の子供達も避難児童と類似した 厳しい生活環境にあります。
練習会場では 被災や貧困など生活環境の異なる子供達が テニス参加を通じて 言葉の違いも超えて 良き絆を育む力になることを 願っています。
寄付支援が集まって 練習会場の特設が実現した段階で ウクライナと日本の子供達が 家族も加えて一緒に楽しめるテニス交流の機会を 育みたいと思います。
 

  
ウクライナ侵攻に加わっている ロシア軍人の心ない行動に類似して・・  日本で生活している ロシア市民が 周囲の誹謗中傷を受けて 苦しんでいます。

母国が 力弱い人達を 戦闘で殺傷している行為を 誤りであると 判断している日本に在住するロシア人が・・
ロシア人というだけで 周囲の偏見対象にされています。 日本人が 世界各地で生活し 活躍しています。 安心して生活出来るのは・・
言葉の違いがある環境の中でも 周囲の人達の優しさと理解が存在することの おかげです。

故郷とは別に 日本を愛しながらも 苦労多い生活を過ごしている人達に対して 中傷するような行為を認める 日本なのでしょうか・・。
誤った言動は 戦闘行為に加わっている軍人と大差ありません。 心寂しい日本人を 増やしたくないですね。


国内外の多くの人達が 優しい気持ちで 周囲の人達と接して 良き人間関係を育むことで・・ 不要な争いのない平和な社会が生まれることを願っています。
 


 



子供達は 赤ちゃんも含めて 身体を動かすことが 大好きです
簡単に楽しめるスーパーテニスは テニス技術が向上すると 誰でも 競技性の高いゲームを 楽しめます
 
     
初心者向け競技コート        初級者・中級者向け競技コート  上級者向け競技コート 
 
 
スーパーボレー Ver.S1 コート   スーパーボレー Ver.S2 コート

 スーパーテニスコートは 硬式テニスの 1/3 の大きさ
 スーパーボレーコートは 硬式テニスの 1/15 のサイズ

 競技コートを硬式テニスと異なる様々な場所や環境の中に設定可能
 競技を楽しむ費用は 硬式テニスの 1/2 以下でプレー出来ます
 楽しむ人達には優しく テニス事業としては コスパに優れたテニス
   競技ラケットは 長さ55cm以下 (市販 21インチ以下の用具)
 競技ボールは 直径9cm 重さ28gのスポンジボール

 ラケット 市販4,000円前後  ボールは 600円前後
 子供達も成人も 同じサイズのラケットとスポンジボールを使用します
 硬式テニスと比較して 多くの優れた特徴をもつテニス

 


  ご案内・・・
スーパーテニスとサウンドテニスの 練習参加企画 と ゲーム体験について

講習企画は 初期の車椅子テニス環境開発の講習に始まり 国内外初の視覚ハンディキャップテニス講習などもあります
1980年年代当初は 硬式テニスを中心とする講習です  その後 スポンジボールの特徴を活かした講習を実施
現在まで 延べ数千回以上 (40 年間) の大小様々な講習を 首都圏を主に 北海道から沖縄までの各地で 実施して参りました

モデル企画として実施した 大小様々な各地の講習は 2022年 5月の講習を 最終企画として 終了しました
新たにモデル講習を企画した際には 本ページでご案内します


 スポーツの楽しさと 防災の意識を 身近で感じる工夫は可能です
実用性に優れた 用具開発は 子供達などの力を活かすことで 地域社会を豊かにします


募金事業と基金事業では テニス用具を寄贈するだけでなく 用具の一部を簡単に手づくり製作できる資材費を 提供します
ひとり親家庭では 子供達が製作し 医療施設は 医療界で活躍する看護学生の協力を求め 介護施設は 介護環境の周辺で活動される人達の協力を求めて 製作します
医療や介護福祉施設で働く人達の心の健康を維持することに また 子供達の元気を育みますが 災害発生時の支援にも対応できる内容です。

      
防災と生活用具兼用のスポーツ用具づくり

 多機能スポーツ用具は ホームセンターなどで購入可能な安価な資材を活用
 製作方法は ドライバーと手縫いの針があれば 手づくり可能です

 日頃は 手軽なゲームを楽しむテニス用具が 万一の火災や災害に活用する
 ネットスタンドの基台として安定に用いるペットボトルや保存用密閉袋の水は
 被災した人達が 支援を待つ間の
を支えることに 役立つ設計です
 
 


コロナ時代に必要とする 爽やかな環境を育む Healing Sports 基金 

Healing Sports 基金では 看護学生は 医療環境で従事する医療者の心身ストレスを緩和する方法で支え
Enjoy Sports 基金では 子供達は 用具を贈られる立場に加え 高齢者施設などに役立つ用具づくりに活躍します
 多くの人達の心を癒し 子供達の元気を育む ふたつの基金事業は
社会で活躍していく可能性をもつ 若い力と心を発掘し 活かすことにあります



 
 

草の根 Enjoy Sports 基金  index029bhtm  ( 子供達の優しい心を 社会に活かします ) 

コロナ問題で ひとり親家庭の子供達を含む 多くの子供達が スポーツで身体を動かす楽しい時間を 失っています
  基金は スポーツ用具の購入が難しい家庭に テニス用具を寄贈するための取り組みです

  ひとり親家庭は 国内160万世帯です   もし 家族や 友人 知人が 将来 経済的に厳しい ひとり親などの 立場にあるときに・・
  温かく支えてくれる人達がいれば・・ 元気づけられることと思います  多くの子供達は 未来を支える 貴重な人材です 支えたいですね
 
  
   

工夫と注意事項を守ることで コロナ時代の中でも 楽しめるテニスの ご紹介 

 見えない競技は 聞くことと 触れることで テニスの楽しみ方が 生まれます
 全盲の人達が 面白さを 体感するサウンドテニスは・・ 3次元の世界です
 サウンドテニス の世界
競技力に大差ある人達の対戦も可能にした設計で・・ 接戦の面白さを生み出し
初心者の楽しさも テニス経験豊かな人達のテニス心も 満たします

 スーパーテニス の世界
見えないボールを打球

全盲・弱視の人達が
テニスを楽しむ時代

コートは 硬式の 1/3 サイズ

初心者も
上級者の心も躍動
通常視力の人と
全盲の人が 競技する

視力の有無に
関係なく互いにライバル
身近にある様々な場所で
テニスを楽しむ

楽しみ方と
ゲーム方法はいろいろ

 
   企画 ・・ 各地で テニス活動 または テニス事業に取り組んでいる団体やサークルの内容を紹介します 特別コーナー を 開設しました

          アマ・プロを問わず スーパーテニス や サウンドテニスの普及を進めている サークル・団体の広報に 利用出来る 無料コーナーです
          活動団体 また 事業活動として関わる方面には 新しいテニス内容に取り組む上で参考となる資料紹介と 企画運営の相談に対応します

          活動されています各団体や個人の情報を 公開したくない内容を除いて どのように取り組んでいるのか・・ 取り組みの問題点や効果について
          いろいろな人達が情報交流することにより テニスの魅力を新しいスポーツ環境の発展と 競技以外の世界でも役立つものに進めたいと思います

団体の募集内容と申込方法は  企画・情報の information  ページで 紹介します
           
本サイトは 毎月10,000 以上のページビューがあり 国内外多くの人達に参照されています  皆様方の活動紹介に ご活用下さい


 1970年代から開始したNPO事業活動は テニス競技環境の枠を超えた 福祉や被災地域支援に活用を図り
 競技開発を含めて 大半の企画内容は  国内初、国際的に 初となった事業です
JHTF・主催/主管事業
file プロジェクトdev20 / dev21

硬式テニス企画
サウンドテニス企画
スーパーテニス企画

 魅力あるテニスと心温かな人達との 出会い
 ルプト・プラン   視覚ハンディキャップテニス/サウンドテニスの原点  スポンジ・スーパーテニス(S・ST) 開発
 ルプトプラン総合計画  S・ST の楽しさと 競技開発ポイント
 スポーツ心の詩  視覚・視力ハンディキャップテニスの開発  スーパー競技ハンディ開発の背景

 車椅子テニス開発と関連のプロジェクト  国内外初の公開講習  競技テニスの新空間
 車椅子テニス環境の実現に向けて
 車椅子テニスの環境づくりを目指した広報活動  サウンドテニス競技規定  S・ST の簡単ゲームガイド
 スーパーテニスの魅力
 国内初の車椅子テニス講習実施 厚木会場  サウンドテニスコート設定資料
 ハンディキャップテニス総合 国立リハセンター会場  視力のない人達にも出来るコートの特設  新たなテニス競技 S・ST の楽しさ
 一般公営コートを使用した定期講習 横浜会場  スポンジ・スーパーテニス 競技規定
   サウンドテニスの企画と技術指導実務講習
 日本の車椅子テニス環境誕生の歴史  U-tennis 認定指導者講習/プログラマー講習  スーパーポイントについて
 ハンディキャップテニス特別講習  指導者講習に参加して  生活周辺に無理なく展開可能なスポーツ文化

 車椅子使用者、片まひの人が一般テニス大会参加  競技開発 全盲の人達同士が対戦する テニス競技  スーパーボレー 競技規定
 ワインカップテニストーナメント  競技開発 視力のある人が 全盲、弱視の人と競う  スーパーボレーのいろいろな楽しみ方

 国内初の車椅子テニス競技大会  全盲の人達が通常視力の人達のライバルになる  立位でプレー スタンディングテニス
 <車椅子テニスルールブック特別版>作成  障害の違いで区別化しない競技環境  椅子に腰掛けて楽しむ チェアテニス
 床や畳の上に座る シッティングテニス
 ハンディキャップテニスの定期講習  特別記事
 '86かながわフェスティバル  ガイドヘルプ活動  障がいのある人達のテニス参加
 テニス参加の楽しさをあきらめない
 ルプトプランレポートNo1  ハンディキャップテニス規定

 車椅子使用者対象の身体機能強化運動プログラム

 ハンディキャップテニス とは
 日本ハンディキャップテニスシンポジュウムの開催

 ハンディキャップテニス地域特別講習会
 日本ハンディキャップテニス大会

 聴力障害の人達とのテニス競技手話サイン

 ハンディキャップテニス競技ルール
 ハンディ硬式テニス規定の設計

 競技ルールブック編集発行
 英文ルールブックの編集と寄贈

 世界ランク 1位 の現役プレイヤーが 直接指導

 総合型地域スポーツ施設を訪ねて

 バリアフリーアスレチックテーピング講習

 硬式テニス事業について
 ハンディキャップ硬式テニスの世界


ENH活動
Encouraging Network 'Heart'

 コートの外のスポーツ心の発掘
 コートの外のスポーツ心を育む

 ベッドの上でテニス体験
 子供達にストレスの少ない環境づくり
 高齢者福祉施設の軽スポーツ空間づくり

 認知症の予防と進行防止にスポーツ活用
 脳血管障がい後遺症のスポーツプログラム
 スポンジテニスの多角的社会活用

 阪神淡路大震災被災地域活動 1995~1997
 三宅島の避難児童と過ごした時間 2001~2002
 新潟 サポートプログラム 2004~2006
 東日本レポート touhoku spirit001 2011~

 草の根 Enjoy Sports 基金
 東日本元気サポートプログラム基金

 スポーツが育む地域社会貢献活動
 CPRフリートレーニングセンター365
 (社)日本臓器移植ネットワーク (推薦サイト

 国内外で救援・支援を求める子供達や人々に  
 癒しと 思考の 空間

 ユニバーサルテニス認定指導者資格
 指導者講習の受講感想

 体育館の既設バドミントンラインの活用
 敷地や室内スペースを有効利用
 競技コートの特設ライン

 はじめてのスポンジテニス体験
 関西オープン2002レポート
 夏休み スーパーテニスの体験

 国際児童ショートテニス 講習&大会

 スーパーテニスの楽しみ方
 ハイエンド競技バージョン Ver.7
 競技交流 新実業団スポーツへの提案

 大人のスポーツ味を楽しむ工夫と用具
 S・ST 競技ボールの選定

 ユニバーサル設計の用具開発
 将来につなぐ 用品用具の開発

 費用少なく 楽しむ 用具の手づくり


スポーツも 生活も かけがえのない生命と健康が 維持できる環境の中で 成り立つものです
子供達が 元気に活動する環境があれば・・ 周囲の人達にも 笑顔と活力が 生まれます・・  応援したいプログラムです!

30数年間の NPO事業活動への思い

   Urchin data - - - jhtf org 

 


 ユニバーサルテニス ( スーパーテニス / サウンドテニス ) 専門サイト
スーパーテニス・ワールド  htpp://www.sst-expert.com


サイト資料 管理  NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟

 ここに公開の資料は 各国の言語に翻訳して 学術・教育・福祉・スポーツ振興と地域活性に 活用可能です(費用は不要)
 なお 各資料を 管理者 (著作権者) の許可なく 発行文書の内容を変更して 使用することはご遠慮ください
 転載複写の許諾は不要ですが 印刷物に 参考文献に 本団体名(日本ハンディキャップテニス連盟 または JHTF)を 明記して下さい
 個人が特定される画像使用に限り、発行・発信前に 当団体の許諾が必要です ( 事務局  企画 情報 information ページ 参照 )