JHTF
特定非営利活動法人 日本ハンディキャップテニス連盟
JAPAN HANDICAP TENNIS FEDERATION
update 2017・7・20
新しいテニス研究開発 と テニスの幅広い社会活用 の 総合情報
本サイト上には 200P以上の 各種資料・情報を 常時公開しています

    テニス事業内容別 索引
   Index according to tennis business contents
本ページ上の文字と画像は 各資料ページ に リンクしています
The letter on this page and the image link to many document pages
企画 情報
スポンジ・スーパーテニス
サウンドテニス
ハンディ硬式テニス
ENH活動
information
Sponge super tennis
Sound tennis
Handy tennis
ENH activity
新しいテニス環境 と 地域社会の活性に向けた 専門情報サイト
良きテニス事業のための ビジネスモデルづくり 紹介
ユニバーサルテニス・ワールド  www.sst-expert.com


JHTFのNPO活動
NPO 事業内容  file プロジェクト dev20 / 21
 本連盟は NPO事業の企画・実務活動を終了しましたが ユニバーサルテニス講習については 指導者育成の企画と合わせ その運営を一般事業企画に
 移行し JHTFは 資料情報提供の協力を進めます

ここに 本NPO事業の 公開、未公開内容の一部を ご紹介を進めて参りますします ・・

  2020年に 東京五輪を迎えます  オリンピック競技とパラリンピック競技の多くの種目に 世界各地から選ばれたアスリートが集い 熱戦が展開します
  こうした種目の中にあるテニス競技について・・ 障害のある人達が参加するパラリンピックに 車椅子を使用するテニス競技が含まれています

  近年 国内でも 五輪種目の 車椅子テニス競技のアスリートが誕生していますが  しかし 車椅子を使用しない人達には 五輪参加の道は開かれていません
  障害ある人達の中に テニスを楽しむ人達、楽しみたい人達は数多いのですが  競技レベルを高める指導者の理解が少ないことで 練習や競技参加の機会を失っています

 
テニス協会や専門家の関心が少ない状況の中で 国内の車椅子テニス環境(日本車椅子テニスの歴史)を実現させたNPO団体が 40年間の国内テニス界を見守り 数多くの講習等の実践内容を活かした・・ テニススポーツの良き普及と発展に向けた 機会均等のテニス環境づくりへの 情報発信を 継続します
          コート損傷の不安解消と車椅子使用者の安全性を確認するため
日本で最初のコートテストに使用した車椅子です
当時、有志で資金を出し合って購入したもの 
 車椅子テニス環境の実現に向けて
  手足に機能障害のある人達をはじめ 様々な障害のある人達が 様々な努力、工夫をしながらテニスを楽しんでいます。
  しかし 国内テニス専門家が こうした人達のテニス参加の機会と練習環境を増やす取り組みは 皆無に近く 技術指導を行うことの少ない状況は 考えさせられます。

  NPO団体関係者やボランティアとして協力した人達によって 講習や大会企画を実施し どのような障害がある人達にも テニス参加が可能なことを 紹介して参りました。
  残念ながら 協会組織や多くのテニス指導者は 障害のある人達のテニス参加に偏見をもち 軽視しているためなのか この分野の普及がありません。

  

  NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟( JHTF )は 情報発信活動を除き 40年余の事業を終了しましたが テニス参加の機会と環境を大きく広げるための新しい
  協会づくりが必要になるかもしれません。
 新しいテニス組織には 障害のある人達も差別化することのない スケールの大きいテニス環境を 育むことが期待されます。

  
新しい組織づくりやその組織で取り組む各種事業には 当初は 大きな負担を伴うことと思います。 しかし 先進例のない時代に 多くの事業活動を進めたNPO関係者達が
  無償、無給で 事業推進経費の大半を自らの働きで生み出した例を参考に 新組織の開設は可能です。 既存組織の関係者も 意欲と努力を活かし 時代を刷新したいですね。

   ここに テニスの発展と社会貢献に向けて 次のような内容が 進むこと・・ テニスを愛する多くの人達が願うところと思います。


   ● 障害の有無や内容にこだわらない 良きテニス環境づくりと テニスの幅広い社会活用   テニス参加の機会均等と 競技環境の外に テニスの魅力を拡大する
   ● パラリンピック競技種目に 車椅子競技に加えて 肢体不自由者の競技種目の具体化   五輪種目には 国内外の取り組みと協力が必要ですが 実現は可能です



     スポーツは 競技の世界だけに限定する・・との考え方を超え 福祉やリハビリ、被災地域支援などにも 活用できます

     
dev20 / 21 内容に示す通り 取り組みは 多様な内容ですが この期間の各種研究と各地での講習、大会等の実践を通じて 多くのテニスプログラムが生まれています
      テニスの魅力を高め 社会貢献に大きく役立てることに関心ある方々には テニス経験や指導経験の有無にこだわらず 既存のコート施設以外の環境にも 活躍の場を広げました

dev20 / 21 ピックアップ資料
pu100-01   国際初の全盲の人達が楽しめるテニス競技の開発 pu100-02    現役世界ランク1位プレイヤーのテニスレッスン
pu100-03   国内車椅子テニス環境づくりに向けた取り組み pu100-04    新しい楽しさ ハンディキャップテニス特別講習会
pu100-05   ハンディキャップテニス総合研究 国立リハセンター会場   pu100-06   一般公営コートを使用の横浜会場 様々な研究・開発実施
pu100-07   認知症の予防と進行防止にテニス活用 pu100-08   脳血管障害後遺症の人達が楽しめるテニス 各地訪問講習

ハンディキャップテニス特別講習会 ・・ 民間コートでの初企画

ハンディキャップテニス定期講習 ・・ 首都圏企画
国内広くにテニス練習環境を拡大していく上で、多くの人達に、車椅子や杖を使用したり、義足や様々な補装具類を使用する人達などが テニスを楽しめること・・
 テニス関係者や様々な専門分野の人達と 一般テニス愛好者など多くの人達に紹介
1982年から2008年までの間、様々な研究開発と啓蒙普及の企画に取り組みながら、定期的に実施したテニス講習企画・・ 神奈川、埼玉、東京、千葉での実施内容は テニス教室に加え 指導者・ボランティアの育成を兼ねた講習会としても効果を生み出しました

障害のある人達、子供達  障害のない子供達も  誰でも参加できる テニス講習企画
ユニバーサルテニス・レッスン
 全盲・弱視の人達が 楽しめるゲーム講習
サウンドテニス
 肢体不自由・聴覚など障害全般の講習
スーパーテニス
子供達 と 家族のための スーパーテニス教室
身体障害や 学習障害の子供達も テニスを楽しんで下さい
子供達が 家族と一緒に楽しめる時間は 貴重です
各テニス講習は ユニバーサルテニスの 開発責任者が 講師として直接指導を進める 唯一の会場

費用少なく いつでも どこでも 誰もが 楽しめる工夫を

身近で楽しむ用具を 安価な手作りで ・・ 
防災・生活用具を兼用する ネットスタンドの製作方法紹介
この用具の手づくりは 子供達を含めて 誰にでも 可能な方法です
コートの外のスポーツ心を訪ねて・・ 車椅子を 動かせない人 ベッド上の人も テニス参加

  

このNPO事業の 開始から 幅広い展開を進めた 活動の基本は リスペクト と イノベーション ・・

NPO法人JHTFの 活動について

  
   障害の有無にこだわらず 重度障害の人達も  厳しい被災地の子供達や 様々な福祉施設の人達に テニス参加の機会と環境づくりを 具体化しました
   リスペクトの精神を忘れず 子供達から高齢者も含めた 新しいテニス環境づくりを進めたNPO事業です。 こうした取り組みが 内外各地に増えることを願っています!



人を支える気持ちと優しさを活かして 私達に出来ることが いろいろあります

災害や貧困の中で
苦しんでいる世界各地にいます この人達を支援する

NGO団体 紹介

移植を希望する人達が 14,048人 (2016年2月現在)
(社)日本臓器移植ネットワーク

推薦外部サイト

JHTF 事業 編集公開資料


サイト資料 管理  NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟

 ここに公開の資料は 各国の言語に翻訳して 学術・教育・福祉・スポーツ振興・地域活性に 活用が可能です(費用不要)
 なお 各資料を 管理者 (著作権者) の許可なく 発行文書の内容を変更して 使用することはご遠慮ください
 転載複写の許諾は不要ですが 印刷物には 参考文献としての本団体名(日本ハンディキャップテニス連盟 または JHTF)を 明記してください
 個人が特定される画像の使用に限り、発行・発信前に 当団体の許諾が必要です ( JHTF事務局  企画 情報 information ページ参照 )