サウンドテニス 競技規定

サウンドテニス の 楽しみ方

(規定 1)
競技ボール
競技ボールは、直径 9cm以下、 重量 28g以上32g以下のスポンジ製ボールとし、色は黄色に指定する。
ボールの内部には、バウンドした時に音の発生する部品を挿入したボールをサウンドボールと名称する

サウンドボールは、床上100cmの位置から落下させ、3パウンド後に床上10cm〜25cmの高さに弾むものとする。
(規定 2)
競技ラケット
競技ラケットは、ハンドルを含めて全長 55cm以下、全幅 27cm以下とする。
    ※参考 市販されている小型ラケットの長さが 21インチまたは19インチの製品が該当します。

(規定 3)
競技コート
競技コートの外形サイズは、縦13,4m、横6,1mのバドミントンコートの外形サイズと同じ広さとする。
競技コートは、競技する人達の視力レベルを @全盲 A弱視 B通常視力 に区分し、同じ視力レベルの人達同士の対戦と視力レベルの異なる人達の対戦に適した3種類の競技コートを設定する。

  サウンドテニス 標準コート

全盲のプレイヤー同士 または 弱視のプレイヤー同士が対戦する競技方法に適用するコート規定。 身障者テニス競技に適用する。

コート規定は、サービスラインを兼ねるフロントラインとサイドライン、ベースラインに囲まれた範囲をインコートとし、ネットの左右、ベースライン方向170cmの位置まではアウトコートとする。
  サウンドテニスSO−2 コート

全盲のプレイヤーが弱視のプレイヤーと対戦する競技、弱視のプレイヤーが通常視力のプレイヤーと対戦する規定コート。

視力レベルの低いプレイヤーに適用する規定コートは、SO−2コートとし、対戦者は標準コートサイズを適用する。

SO−2コートは、センターラインの中心寄りに設定する縦500cm、横300cmの範囲とする。 横幅は、対戦レベルにより200cm〜400cmの間で調整することを可とする。
  サウンドテニスSO−1 コート

通常視力プレイヤーが全盲プレイヤーと対戦する規定コート。

全盲プレイヤーに適用するコートをSO−1の範囲とし、通常視力プレイヤーには標準コートサイズを適用、アイマスクは不要として、視力を活かしたプレーが認められる。

SO−1コートは、センターラインの中心寄りに設定する縦500cm、横100cmの範囲とする。 横幅は、対戦レベルにより80cm〜120cmの間で調整することを可とする。

 (規定 4) 競技ネット

ネットの高さは 側端部で85cm 中央部で75cmとする。
ネットにボールがふれたときに音の出る鈴を任意にネット中央部に取り付けることを可とする。


ネットの中央部に幅5cmのセンターベルトをセットする。 センターベルトは上部のみ固定する構造とし、競技中のネットの緩みを確認することにも役立てる。


 (規定 5) サウンドガイドマット

全盲の人達や弱視の人達にコートラインの位置が確認出来るように、表面に凹凸のあるサウンドガイドマットを特設する。

ガイドマットの幅は2cm以上、30cm以下とする。

サウンドガイドマットはガイドマットと略し、マットの代用に 直径5mm以上のロープの使用が認められる

 (規定 5−1) ベースガイド
ベースライン後方30cmに、幅2cm、長さ245cmのガイドマットをセンターラインの仮想延長線の左右30cmに設置する。
 
 (規定 5−2) センターガイド
センターライン仮想延長線上に、幅2cm、長さ300cmのガイマットを設置する。
 
 (規定 5−3) サイドガイド
サイドライン外側の5cmの位置に幅2cm、長さ90cmのガイドマットもしくは直径5mm以上のロープを設置する。
※サイドマットは練習・競技環境によって割愛を可とする。

 


● 標準コート競技は、最初に視覚ハンディキャップテニスの名称で身障者スポーツとして開発・公開した内容です。
● 通常視力の人と弱視の人が対戦するSO−1コートの比率は 約 1/2です。 全盲の人と弱視の人との対戦コートの比率も 約 1/2です。
   この比率を基本として、練習ゲームでは対戦者のテニスレベルによって、柔軟に調整することが認められます
SO−1コートは、通常視力の人が攻撃できる広さは全盲の人のコートの約1/6 です。
   したがって通常視力の人のプレーには、打球のコントロールが大きく要求されるテニス内容ですが、力加減は不要です。

● ガイドマットは、競技コートラインとプレイヤーの位置を確認するために設定し、サービス開始のフットフォルト防止に活用します。
   ベースガイドの長さと設置する位置は、サービスのフットフォルトを防止するために、センターガイドはコートの中央位置を確認する
   ことに活用します。 ベースガイドとセンターガイドを十文字に設定することで、方向性の確認に活用します。
● ガイドマットは、視力のない人達や弱視の人達がコートの大きさや位置を確認する補助に活用しますが、個人差はありますが、経験を重ねる
   ことによってマットで確認する機会を少なく、プレーすることが可能になります。


 (規定 6) 競技方法
競技は 1ゲーム5ポイント先取で行い、試合方法は次のいずれかを選んで行う。
  @ 1ゲーム5ポイント先取、2ゲーム先取1セットマッチ
  A 1ゲーム5ポイント先取、4ゲーム先取1セットマッチ
  ※ サウンドテニスは、1試合の時間が長く、聴力に負担が多い点から、3セットマッチは行わない。
視力に障害のある全盲、弱視の人は、3パウンド後の打球までを有効とし、通常視力の人は、2バウンド後と3バウンド後の打球のみを有効とする。
 通常視力の人は、アイマスクを装着しないでプレーすることが認められる。
通常視力の人がアイマスクを装着した場合に限り、視力障害の人と同じコート規定でプレーすることが認められる。
  
 (規定 7) 試合の進め方
対戦者は互いに 声とジャンケンで、サービス権 または コート選択権を進めて試合を開始する。
 (規定7−1) サービスの方法

サーバーは、サービス開始前に、相手プレイヤーに対し、サービスサイドの位置を声で伝える

右サイドからサービスを行う場合、「右から行きます」と声を掛け、相手プレイヤーから「はい」の返答を確認した後、5秒以内にサービスを開始する。

5秒を経過した場合は、最初の声掛けからやり直します。 また、相手プレイヤーからの回答がない場合は、数秒後に再度、声掛けを行う。


サービスは、@ラケットで直接打球する方法と、Aボールを床上にパウンドさせて打球する方法のいずれかを選択して行う。
Aの方法でサービスする場合に限り、相手プレイヤーにサービス方法を伝えて行い、伝えずにサービスを行うとフォルトと判定される。

サービスは、対戦相手が視力障害(全盲・弱視)の場合、すべて肩から下の位置で打球し、対戦相手が通常視力のあるプレイヤーに限り、硬式テニスと同じに頭上からサービスすることも認められる。

 (規定7−2) レシーブの方法

レシーバーは、相手プレイヤーからサービス開始の声掛けがあった場合、レシーブする位置の移動などで準備が出来ていないことを次のいずれかの行動または声で伝えるものとする。
  (イ) 「待って下さい」と声で伝える  (ロ) 準備が出来るまでは返答しない
準備に10秒以上を要するときは(イ)の方法でレシーブ出来ないことを伝える。


 (規定7−3) サービスレット

サービスのボールがネットにふれてサービスコートに入った場合、レットではなく、有効とされてプレーは継続する。
 (規定7−4) 競技中のレット

サービスを含め、インプレーのボールがパウンド音を発生しない場合、レットとしてサービスからやり直しを行う。
隣接したコートのパウンド音並びにコート周囲の雑音が打球に影響があると認められた場合、レットとしてそのポイントのやり直しを行う。

バウンド音が発生しない場合と雑音などで打球することがむずかしい場合の判断は、プレイヤー自身が打球する前に行う。
こうした状況の中でも打球動作を行ったときのポイントは有効とみなされる。 レット判定は、打球のラケット操作を行う前に限られる。

インプレーのボールがガイドマットやラインテープなどが影響してバウンドが明らかに大きく変化したと見なされた場合はレットとする。
その上でポイントのやり直しを行う。
但し、バウンドの方向が変化した場合であっても、有効な打球が続いたときはプレーは継続し、ポイントも有効とする。


 (規定7−5) プレイヤーの失点

次の規定以外の内容は、硬式テニス競技内容に準ずるものとする。
 ● 最初のパウンドが規定のインコート内に着地しないと失点する。

 ● 全盲、弱視の人は、4パウンド後の打球を無効として失点する。
 ● 通常視力の人は、2バウンド後と3バウンド後の打球以外は無効として失点する。

 ● 規定コート内に位置している全盲、弱視の人の身体に0パウンドでボールを当てた場合は失点する。

 (規定7−6) 位置と方向の助言

視力に障害のある人は、インプレーの時間を除いて、コートの位置やネット方向と周囲の安全についての助言を受けることが出来る。 助言を求める相手は、審判並びに周囲で移動ガイドとして審判から認められた補助者とする。

補助者は、競技中の方向や位置などの誘導は認められるが、技術的な助言は禁じられる。 この規定に反した場合のポイントはやり直しを行うものとする。
   
 (規定 8) 視力レベルの区分
サウンドテニスの視力レベルは、次の内容で3区分する。
 ○ 視力0の人と明暗は確認できてもボールの存在を確認できない人をサウンドテニスの全盲クラスとする。
    (※ 視力障害の光覚弁や手動弁のレベルも含まれる)
 ○ 視力が弱く、動体視力レベルが低いためにボールの確認がむずかしい人を弱視クラスとする。
    (※ 眼鏡で補正出来る老眼や近視、遠視、乱視などは除き、視野狭窄などの視力は含まれる)
 ○ 視力の弱い状態を眼鏡で補正できる人と通常の生活に必要な視力を有する人を通常視力クラスとする。

サウンドテニスは、身障者スポーツ競技としての設計と共に、視力障害の人達を身障者ではなく、一般テニス愛好者として位置づけた市民スポーツ競技として開発しています。 

視力のある人達がアイマスクの装着を不要としてその視力を活かしてプレーすることが認められ、テニス経験豊かな人達がそれぞれのテニス技術を十分に活かすことの出来る競技です。 視力障害の有無にこだわらない対等のプレーが楽しめるように競技設計を進め、対戦者が互いに力加減することなく全力で競い合うことの出来る競技コートが研究開発されています。

このサウンドテニス競技には身障者手帳の有無を問いません。 視力レベルは、プレイヤーの申告による全盲、弱視、通常視力に区分し、プレー内容から申告内容に誤りがある場合、正しい区分に改めた上で競技を開始します。
最初の申告誤りに対してはペナルティーはなく、再度の誤った申告を行った場合、競技参加の資格を失うものとする。

   
   競技規定管理  NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟    競技開発  JHTFクリエイト