東日本 " 元気" サポートプログラム基金

  被災地域で 数多くの人達を救い、亡くなられた方々の捜索に力尽くし PSTDなどで 苦悩している人達がおります
   消防・警察・自衛隊・地元の人達・ボランティア  その人達の心の傷と疲れを 早くに回復できるように ・・
   総合的な支援プログラムの中で  必要なこと 出来ることから サポートを開始したいと 取り組んでいます

支え合いが 生み出す元気と活力 緊急支援から 生活設計支援に
企画・情報・経験(提供) 寄付・活動(協力) 助成・出資(支援)


東日本被災地域サポートプログラムは、仮設住宅などで周囲との関わりの少なくなった
ひとり暮らしの人達の孤独死を防ぐことに役立つ年代間を結ぶ会話などを日常的に楽しむことのできる環境づくりを進めて参ります。この企画の一環として・・ 子供達と高齢の人達でチームを組んで手縫いの用具づくりを企画しています。
また、センター送迎用バスを有効に活用して、周辺の人達と一緒に買い物に出かけたり、センター施設の中に設けられた ふれあいコーナー を利用して戴き、いろいろな人達の日頃の健康維持に役立て、手軽にできるSSTのスーパーボレーなどで身体を動かし、ゆっくり会話のできる時間を楽しんで戴きたいと考えています。
 
PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩む子供達について、外見では気づきにくいところですが、こうした点は一緒に遊べる友達の存在があれば、寂しさなどから早くに立ち直ることに役立ちます。支援プログラムの中に 運動やスポーツ経験の少ない子供達も手軽に楽しめる新しいテニス内容を活用している理由です。
心の傷は、消防・警察・自衛隊などから派遣された方々の中にも、救助の出来なかった状況や遺体となった方々の捜索などの厳しい心理状態から、PSTDの障害に苦しんでいる人達もおります。貴重な活動を継続された方々の存在を忘れがちになっています。
被災した方々への支援と同じに、心ある人達の力で支えたいと思います。

被災した立場でも出来ること・・子供達と高齢の方々が心のこもった手づくり用具を国内外各方面に寄贈する取り組みもプログラムのひとつにしています。
高齢者と力を合わせる大切さを手づくり作業から、出来あがった製品が多くの人達に喜びをもたらすことは、子供達の感性を磨き、自信を育てることに役立ち、ストレスの症状改善に効果があります。

基金で開設する事業運営管理センターは、地元のソーシャル事業の基点として長い期間が必要とされる地域復興と地元住民の生活環境の維持を支えるセンターとして、また、地震や津波などの再発に備えた防災と緊急情報センターとしての役割も担う拠点とします

センターでは、CVA(脳血管障害後遺症)の在宅リハビリを続けている人達や認知症の人達を支える家族などの日頃の生活の質(QOL)を向上させていくことに役立つ企画を設け、認知症の予防と軽度の症状改善にスポーツの効果をデータ化する国内唯一の研究プログラムを進めます。また、社会の隅に置き去りにされる人達の存在が被災地にもあります。地元の人達の力で温かく支える力・・を元気の源のひとつとする新しい街づくりをサポートして参ります。

 
元気サポートプログラム基金への寄付、出資方法の ご案内
 ご支援の出資金は下記にご案内の指定銀行へのお振り込みでお願い申し上げます。 
 なお、お手数ですが、下記の事務局に メールまたは FAX、郵送でお名前、ご住所をご連絡ください。
 お礼のご挨拶と ご提供のDVDを お送り申し上げます。

個人 1 口 10,000円 
高校生以下 1 口 1,000円
企業・団体・個人 1 口 50,000円

     振込指定銀行    三菱東京UFJ銀行 大和支店
     口座番号     普通口座  0849085
     口 座 名     日本ハンディキャップテニス連盟
  
次の企画内容を 出資ご協力の方々と団体に 協力感謝の印として お送り申し上げます

一  般
 10,000円 以上
 SST スポンジスーパーテニスの多彩な楽しみ方紹介 オリジナルDVD
 20,000円 以上
 DVD + ラケットと高品質スポンジボールのセット
高校生以下
  5,000円 以上
 SST スポンジスーパーテニスの多彩な楽しみ方紹介 オリジナルDVD
 10,000円 以上
 DVD + ラケットと高品質スポンジボールのセット
企業・団体・個人
 50,000円 以上
 DVD + ラケットと高品質スポンジボールのセット
 
子供達チームなどが手縫いしたスポンジスーパーボレー小型ネット  ※完成次第
企業・団体方面には ・・ 企業スポーツ、福利厚生の健康ツールに活用できます SST の楽しみ方と指導方法の実技講習の講師派遣を行います
個人の場合は・・     寄付協力者が指定される被災地域の学校で SST の楽しみ方を紹介します実技講習の講師派遣を行います

事業推進の運営状況と各地域の状況に適応した内容の事業を開発し、地域の雇用開発と子供達を はじめとします地域の人達の心と身体の健康維持に役立つ取り組みを図って参ります。 センタースタッフは関係の業務で地元の人達が自立していくことを支えながら、その経験を活かした職種で働き続けられる環境づくりも事業目的のひとつです。 センターの運営は社会(貢献)事業と収益事業で構成し、収益事業はセンターの自立運営を進めていくための資金づくりに必要とするものです。

本事業の開始は、運営管理センター開設費用、スタッフ人件費、製品資材仕入れ資金等に必要とします一定額の基金が確保された時点とします

基金受付事務局 (基金管理責任団体)
特定非営利活動法人日本ハンディキャップテニス連盟
  〒242-00061 神奈川県大和市南林間7-14-6 Nハイツ203 TEL 050-3356-0553
mail jhtf02@jhtf.org
   URL  http://www.jhtf.org
                                                                                    
ご支援 ご協力を お願い申し上げます
  温かな心と行動力を  東日本被災地域の人達が  早くに元気を取り戻すことに ・・

このサポート事業は NPO事業の実務活動とは別に 力続く限り 継続して参ります

   
JHTFの
現物出資・寄贈
 パソコン プリンター 書類棚  記録用デジタルカメラ  ムービーカメラ/カメラスタンド  ゲーム・練習用ラケット 50本
 講習用ネットスタンド  スタッフ、ボランティアの育成
  用具製作技術紹介   事業者向け製品製造セミナー
 SST ゲーム内容の実技紹介/技術指導  関係資料の提供
 基金の協力者(個人・団体・企業方面) への企画内容の寄贈・講習企画実施のサービス提供

JAPAN HANDICAP TENNIS FEDERATION (JHTF)