JHTF
特定非営利活動法人 日本ハンディキャップテニス連盟
JAPAN HANDICAP TENNIS FEDERATION
update  2021/09/21
新しいテニス研究開発内容 と テニスの幅広い社会活用を 紹介する 総合情報
本サイト上には 200P以上の資料・情報を 常時公開しています

    テニス事業内容別 索引
   Index according to tennis business contents
本ページ上の文字と画像は 多くの資料ページ に リンクしています
The letter on this page and the image link to many document pages
企画 情報
スーパーテニス
サウンドテニス
ハンディ硬式テニス
ENH活動
information
super tennis
Sound tennis
Handy tennis
ENH activity


見えない人の心を ・・ 感じると ・・  新しいことや 必要なことを 見つけられます ・・ 発想転換を伴うと いろいろなことの実現が可能です

ワクチン接種が進み 国内では 感染者は少し減少の傾向にありますが  変異コロナが生まれるなど 不安と危険は まだ長く続く心配があります
感染予防のために 個人で出来ること・・ 国や行政で行う施策で 生活などの支援が 必要とされる時代です

今も・・ これからも・・ 大切なことは  人の知恵と 感染問題で苦しむ人達や 苦労が続く人達に対する 優しい心づかいが必要です
日頃 楽しむスポーツは 競技としての内容の他に 社会活用することで 多くの人達や子供達を 支援する方法を考えて参ります
 
コロナ問題で 苦しむ人達が 国内外に数多く存在しています  出来ることを " 今 "  
支え合いで 良き環境を育むことが大切です・・  温かな心で 工夫・行動を・・
 
そうした工夫のひとつとして 新しいテニス内容を活かした 基金事業を企画しました

 

ご案内します基金事業は 近年のトレンド・・ SDGs(持続可能な開発目標) のひとつ 人々に保健と福祉を ( Good Health and Well-Being ) に準じた内容です。
  SDGs
・・ 「
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する 」 の趣旨が 含まれた基金事業として 企画しました。

SDGs は スポーツ界は無関係な世界と思われていますが・・ スポーツは工夫次第で 持続可能な社会生活ツールの ひとつとして役立ちます。
そのためには すべての人達が 生涯を通じてふれあうことが可能であることと 楽しみ方が 次代の子供達に引き継がれて 発展していく要素を必要とします。

体力が低下した人達や 障害の人達も 楽しみ続けることの出来ないスポーツは 持続可能なスポーツとしての魅力を失うことになります。
スポンジボールを使用するスーパーテニスやスーパーボレーは 硬式テニスと異なり 体力や障害の有無にこだわらず 長く 誰でも楽しめるスポーツです。


  スーパーテニスとスーパーボレーの内容を活用する 基金事業を ご紹介します  

  A  コロナ感染の治療現場で尽力する医療者と 感染不安の多い福祉環境で働く人達を対象にした
        
爽やかな環境を育む Healing Sports 基金   ←
 詳細リンク 
 
感染危険の高い医療環境の中で 勤務する医療者や高齢者や障害の重い人達の介護に関わる人達が 日々ストレス多い時間を過ごしています。
このストレスを少しでも緩和することは 質の高い医療や介護の質を維持する上で役立ちます。 
テニスを 競技スポーツではなく 誰でも具体的に楽しめるスポーツを 日頃の緊張を和らげることに活用する基金です


コロナ治療の医療施設や介護施設に 感染防護服のままでも楽しめる スーパーボレーのテニス用具を寄贈して参ります
休憩少なく 多忙な時間を過ごす人達が 医療施設や介護施設の通路など小さなスペースで 数分間のリラックスタイムを工夫することで 気分転換は図って戴きます
 

  B  コロナで働く機会を失い 減収の家計で苦しむひとり親家庭と その家庭の子供達を元気にします
         
草の根 Enjoy Sports 基金 2021   ← 詳細リンク
 
 1988年の 「ハンディキャップテニス・スポーツ振興基金」 に始まり 1995年の阪神淡路大震災被災地域支援の取り組みをきっかけにして 被災した子供達のストレスを緩和することに役立つ 「草の根 Enjoy Sports 基金」 を開設しました。 今回 コロナ問題で 経済的に厳しい家庭の子供達を主対象にした Enjoy Sports 基金2021 を ご紹介します。

Enjoy Sports 基金による 被災地域の支援内容に 身体を動かして簡単に楽しめるスポーツプログラムを加え 被災地の子供達には 大変喜ばれました。
実施したスポーツプログラムは 有名プレイヤーの一日だけのイベントではなく 子供達自身がゲームなどを楽しめる内容を企画しました。
今回は ひとり親家庭の子供達に 母親の帰宅を待つ室内でも楽しめるテニス用具を贈ります。 最初は 子供達が集まる こども食堂に寄贈を進めて参ります。


ふたつの基金事業では テニス用具を寄贈するだけでなく 用具の一部を簡単に手づくりで製作する方法を加え この製作に 医療施設の場合は 将来 医療界で活躍する看護学生の協力を求め 介護施設の場合は 介護環境の周辺で活動される人達の協力を求めて それぞれの立場で可能な方法で 感染不安の心配を少なくするために活動することを加えています。

コロナ問題に対応すると共に 近年 多くの人達が自然災害などの被災で苦しむことが増えています。 感染不安で苦しみ 苦労される関係者やコロナで大きく減収したひとり親家庭とその子供達を支援する目的に加え 災害の現場や被災後の厳しい環境や生活に少しでも役立つ 防災用品を兼用する多機能スポーツ用具の手づくり内容を加えた基金です。 人を支え 社会生活を支えることに ふたつの基金内容を 活かしたいと考えています。
 


      
防災と生活用具兼用のスポーツ用具づくり

 多機能スポーツ用具は ホームセンターなどで購入可能な安価な資材を活用
 製作方法は ドライバーと手縫いの針があれば 手づくり可能です

 日頃は 手軽なゲームを楽しむテニス用具が 万一の火災や災害に活用する
 ネットスタンドの基台として安定に用いるペットボトルや保存用密閉袋の水は
 被災した人達が 支援を待つ間の
を支えることに 役立つ設計です
 
 


看護学生は 医療環境で従事する医療者の心身ストレスを緩和する内容で支え 子供達は 用具の寄贈を受ける立場と合わせて 高齢者施設などに役立つ用具づくりに活躍します。 多くの人達の心を癒し 子供達の元気を育む ふたつの基金事業は 社会で活躍していく可能性をもつ 若い力と心を発掘し 活かすことにあります。

こうした内容が 国内外の各地で進められることを願っています。 地球という星の上には 76億の人間が生活しています。
互いに助け合うことで 宇宙のどの星にも負けない 平和という環境と時間を守り続けることを 誇り にしたいですね。


  この基金事業を SDGs(持続可能な開発目標) に準じた内容としている理由は 子供達や若い看護学生の力が 次の時代につながることを考えています。
  事業としての内容は SDGs を超える 発展性と多様な内容の特徴を JHTF 並びに スーパーテニス・ワールドの 各サイト資料の中に 紹介しています。



基金への良き理解と 温かなご支援ご協力を お願い申し上げます


工夫と注意事項を守ることで コロナ時代の中でも 楽しめるテニスについて ご紹介します 

 見えないものは 聞くことと 触れることで テニスの楽しみ方が 生まれます
 全盲の人達が 面白さを 体感できるサウンドテニス・・ 新3次元の世界
 サウンドテニス の世界
 競技力に大差ある人達の対戦も可能にした設計で・・ 接戦の面白さを 実感
 運動経験少ない人も 参加出来ること テニスの面白さを 新スタイルで具体化

 スーパーテニス の世界
見えないボールを打球

全盲・弱視の人達が
テニスを楽しむ時代

コートは 硬式の 1/3 サイズ

初心者も
上級者の心も躍動
通常視力の人と
全盲の人が 競技する

視力の有無に
関係なく互いにライバル
身近にある様々な場所で
テニスを楽しむ

楽しみ方と
ゲーム方法はいろいろ


 
  新企画 ・・ 各地で テニス活動 または テニス事業に取り組んでいる団体やサークルの内容を紹介する 特別コーナー を開設します
          アマ・プロを問わず スーパーテニス や サウンドテニスの普及を進めている サークル・団体の広報に 利用出来る 無料コーナーです
          活動団体 また 事業活動として関わる方面には 新しいテニス内容に取り組む上で参考となる資料紹介と 企画運営の相談に対応します

紹介団体の募集と申込方法は  企画・情報の information  ページで 紹介しています
           
本サイトは 毎月10,000 以上のページビューがあり 国内外多くの人達に参照されています  皆様方の活動紹介に ご活用下さい



テニス愛好の心と共に 人を支える優しさを
災害や貧困の中で  苦しんでいる世界各地の人達を支援する  NGO団体 をご紹介します 




 1970年代から開始したNPO事業活動は テニス競技環境の枠を超えた 福祉や被災地域支援に活用を図り
 競技開発を含め 大半の企画内容は  国内初、国際的に 初となった事業です
JHTF・主催/主管事業
file プロジェクトdev20 / dev21

硬式テニス企画
サウンドテニス企画
スーパーテニス企画

 魅力あるテニスと心温かな人達との 出会い
 ルプト・プラン   視覚ハンディキャップテニス/サウンドテニスの原点  スポンジ・スーパーテニス(S・ST) 開発
 ルプトプラン総合計画  S・ST の楽しさと 競技開発ポイント
 スポーツ心の詩  視覚・視力ハンディキャップテニスの開発  スーパー競技ハンディ開発の背景

 車椅子テニス開発と関連のプロジェクト  国内外初の公開講習  競技テニスの新空間
 車椅子テニス環境の実現に向けて
 車椅子テニスの環境づくりを目指した広報活動  サウンドテニス競技規定  S・ST の簡単ゲームガイド
 スーパーテニスの魅力
 国内初の車椅子テニス講習実施 厚木会場  サウンドテニスコート設定資料
 ハンディキャップテニス総合 国立リハセンター会場  視力のない人達にも出来るコートの特設  新たなテニス競技 S・ST の楽しさ
 一般公営コートを使用した定期講習 横浜会場  スポンジ・スーパーテニス 競技規定
   サウンドテニスの企画と技術指導実務講習
 日本の車椅子テニス環境誕生の歴史  U-tennis 認定指導者講習/プログラマー講習  スーパーポイントについて
 ハンディキャップテニス特別講習  指導者講習に参加して  生活周辺に無理なく展開可能なスポーツ文化

 車椅子使用者、片まひの人が一般テニス大会参加  競技開発 全盲の人達同士が対戦する テニス競技  スーパーボレー 競技規定
 ワインカップテニストーナメント  競技開発 視力のある人が 全盲、弱視の人と競う  スーパーボレーのいろいろな楽しみ方

 国内初の車椅子テニス競技大会  全盲の人達が通常視力の人達のライバルになる  立位でプレー スタンディングテニス
 <車椅子テニスルールブック特別版>作成  障害の違いで区別化しない競技環境  椅子に腰掛けて楽しむ チェアテニス
 床や畳の上に座る シッティングテニス
 ハンディキャップテニスの定期講習  特別記事
 '86かながわフェスティバル  ガイドヘルプ活動  障がいのある人達のテニス参加
 テニス参加の楽しさをあきらめない
 ルプトプランレポートNo1  ハンディキャップテニス規定

 車椅子使用者対象の身体機能強化運動プログラム

 ハンディキャップテニス とは
 日本ハンディキャップテニスシンポジュウムの開催

 ハンディキャップテニス地域特別講習会
 日本ハンディキャップテニス大会

 聴力障害の人達とのテニス競技手話サイン

 ハンディキャップテニス競技ルール
 ハンディ硬式テニス規定の設計

 競技ルールブック編集発行
 英文ルールブックの編集と寄贈

 世界ランク 1位 の現役プレイヤーが 直接指導

 総合型地域スポーツ施設を訪ねて

 バリアフリーアスレチックテーピング講習

 硬式テニス事業について
 ハンディキャップ硬式テニスの世界


ENH活動
Encouraging Network 'Heart'

 コートの外のスポーツ心の発掘
 コートの外のスポーツ心を育む

 ベッドの上でテニス体験
 子供達にストレスの少ない環境づくり
 高齢者福祉施設の軽スポーツ空間づくり

 認知症の予防と進行防止にスポーツ活用
 脳血管障がい後遺症のスポーツプログラム
 スポンジテニスの多角的社会活用

 阪神淡路大震災被災地域活動 1995~1997
 三宅島の避難児童と過ごした時間 2001~2002
 新潟 サポートプログラム 2004~2006
 東日本レポート touhoku spirit001 2011~

 草の根 Enjoy Sports 基金
 東日本元気サポートプログラム基金

 スポーツが育む地域社会貢献活動
 CPRフリートレーニングセンター365
 (社)日本臓器移植ネットワーク (推薦サイト

 国内外で救援・支援を求める子供達や人々に  
 癒しと 思考の 空間

 ユニバーサルテニス認定指導者資格
 指導者講習の受講感想

 体育館の既設バドミントンラインの活用
 敷地や室内スペースを有効利用
 競技コートの特設ライン

 はじめてのスポンジテニス体験
 関西オープン2002レポート
 夏休み スーパーテニスの体験

 国際児童ショートテニス 講習&大会

 スーパーテニスの楽しみ方
 ハイエンド競技バージョン Ver.7
 競技交流 新実業団スポーツへの提案

 大人のスポーツ味を楽しむ工夫と用具
 S・ST 競技ボールの選定

 ユニバーサル設計の用具開発
 将来につなぐ 用品用具の開発

 費用少なく 楽しむ 用具の手づくり


スポーツも 生活も かけがえのない生命と健康が 維持できる環境の中で 成り立つものです
子供達が 元気に活動する環境があれば・・ 周囲の人達にも 笑顔と活力が 生まれます・・  応援していきたいですね!

30数年間の NPO事業活動への思い

 Urchin data - - - jhtf org

 


 ユニバーサルテニス ( スーパーテニス / サウンドテニス ) 専門サイト
スーパーテニス・ワールド  htpp://www.sst-expert.com


サイト資料 管理  NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟

 ここに公開の資料は 各国の言語に翻訳して 学術・教育・福祉・スポーツ振興と地域活性に 活用可能です(費用は不要)
 なお 各資料を 管理者 (著作権者) の許可なく 発行文書の内容を変更して 使用することはご遠慮ください
 転載複写の許諾は不要ですが 印刷物に 参考文献に 本団体名(日本ハンディキャップテニス連盟 または JHTF)を 明記して下さい
 個人が特定される画像使用に限り、発行・発信前に 当団体の許諾が必要です ( 事務局  企画 情報 information ページ 参照 )