全盲の人達の外出などの行動 ・・ 生活環境の中で必要とする
ガイドヘルパー、ガイドヘルプの活動

外出に不安ある視力障害の人達に付き添い その歩行を介助するのが ガイドヘルパーです。 視力障害の人達の生活を充実させることに貴重な役目を果たしています。
視力障害の人達の中には 白杖を使用してひとりで歩行のできる人達がおります。 また、盲導犬をパートナーとして外出のできる人達もおります。 

道路上に点字ブロックが設置されているところがありますが、こうした設備は、視力障がいの人達に関係する施設が建設されている地域とその当該施設までの通路のみに限られているのが現実です。

近年は公共施設のみならず、民間施設の中にも点字ブロックや点字ボードを設置するところが増えていますが、まだ僅かな地域と特定の場所や限られた範囲に留まっています。

盲導犬の活動が高く評価され関係者の懸命な努力が続いています。 しかし 盲導犬が視力障害の人達の歩行の安全に役立つパートナーになるには 多くの時間と資金が必要です。 
視力障害の人達が安心して外出できる環境を生み出すために、盲導犬の普及に多くの支援が望まれるところです。

いろいろな場所に出かけて、多くの人達と交流することは楽しいものです。 当サイトで紹介しておりますテニス講習やイベントの企画も、視力障がいの人達のスポーツライフを豊かにするものと評価されていますが、NPOとして可能な範囲のひとつひとつの企画が、ふれあいの機会が増やしています。 
多くの人達がQOL(生活の質)を向上させ、人と人の温かな絆を育むことに少しでも役立てばと考えています。

ガイドヘルプの方法は ・・・

右腕のひじのところを視力障がいの人の左手で握ってもらい、相手の歩調に合わせながら半歩先を歩きます。
このとき、はじめてガイドヘルプする人の中には、相手の身体を自分の腕で固定するようにしっかり抑えてしまう方がおります。 自分の身体と一体化してヘルプする方法が安全だと考えていることによる動作と思われますが、特別なケースを除いて、この方法は障がいのある人達が望まない方法、スタイルと聞きます。

視力障害の人にしって ガイドヘルパーの身体の一部にふれることのできる距離(10cm以上)を設けた歩行が 圧迫感も少なく、リラックスして歩けます。

ガイドヘルプの方法は、白杖をつかんでいない側(※一般的には右側が多い)に立ち、右腕のひじ または 右肩 に視力障害の人がふれることのできるようにして歩行します。 歩行の速さは、視力障害の人のペースに合せます。 ひとりひとりの個性の違いと、相手の気持ちを察しながら行動します。

歩行を誘導する・・という気持ちよりも、気の合った友人と連れ添って歩く・・ という気持ちでガイドヘルプが出来れば素敵です。
こうした心の持ち方は、ホームヘルパーやボランティアとして、高齢の人達や障がいのある人達の介助、介護を行う様々なケースにも共通する内容です。



ガイドヘルプは背中や肩を後ろから押したり、杖や衣服をつかんで引っ張ったりするようなやり方は不安感や恐怖感を与えます。
道路の障害物や危険物の存在、街の様子や行き交う人達の服装などを説明しつつ、明るい雰囲気をつくりながら安全歩行を継続出来れば、視力障がいの人達にとって、外出がより一層楽しい時間になることでしょう。




ガイドヘルパーの活動をはじめる場合、地域の社会福祉協議会やボランティア・センターで実施している講習会や体験学習に参加して、ガイドヘルプの方法を身につけておくこともひとつの方法ですが、しかし、こうした講習経験がなくても、周辺に白杖をもって歩行している方を見かけたら、その様子からガイドヘルプが必要と推測した場合には、近寄って、そっと 声をかけてください。 例として ・・ 「よろしかったら、改札口までご案内しましょうか」   「どこかをお探しですか。よろしかったらご案内します」


視力障害の人に対して  少し距離をおいて 声をかけることが 必要です。 
姿が見えない人に 突然、眼前で声を掛けられたら 不安が生じることを考えて 行動してください。


・・ 大切なことは どのように親切な心があっても、案内や誘導などを 無理強いしてはならないことです ・・
常に相手の人達が必要としている内容と 協力方法(行動)を見極めることによって 本当のやさしさが 相手の人達に伝わります

ENH索引へ