ネイティブでは ハンディキャップを 何と言うのですか? ・・ との質問に対して   Great-day さんの回答です 

handicapped や disabled も通常使われている単語です。 たしかにこれらの単語に関して 「うるさく」 言う人はいます。
しかし、障害者がそれを気にしているかと言うと、逆だと私は彼らから感じます。

challenged とかいう表現もたしかに handicapped とか disabled と言うような単語の持つネガティブは意味あいをなくすようにできた単語ですが、「部落民」などと呼ばれていた人たちが法律で平民と同じように扱われるべきだと言う事で 「新平民」 というように呼ばれました。 名前だけ変わっただけのことで 平民と差別した事に変りはありません。

challenged も他のPC語もこれと同じ、challenged が handicapped と同じ意味で使われていると言う事が分かれば、障害者にとっては何の役にも立たない単語なのです。

だからこそ、建物やお店の入り口に近い方の parking lot には、今では 100%handicapped parking lot とかかれていますし、diabled parking lot と表示されており、障害者を証明するタッグやライセンスプレートがなくては 駐車違反となります。

障害者の殆んどは障害者である事を意識的に感じたくない、扱われたくないんですね。 必要以上の同情を持ってもらいたくない、と言うこと なのです。
対等に自然に付き合うことが非常に大切な事です。 人間である以上、気持ちのこもった手助けは喜ばれます。 しかし形だけのものなら いらない との事でもある。

人間誰でもハンディキャップはあるものです。 それが 近眼で視力の弱い人も ハンディキャップです。 英語になれていない外人も ハンディキャップ を もっています。
身体障害者だけが ハンディキャップを もっているわけではありませんね。

人間である以上、俗に言うハンディキャップを もっている障害者でも、そうでない人よりも もっと強い点はあります。
自分のハンディキャップを 超える強い精神力や、人一倍の愛情、また、技術の面でもすばらしい人たちはたくさんいます。

それらの人達を見下げるような形の同情は いらないという気持ちは これで分かると思います。
下手に challenged と言うようなPC語を使う事で、「私を障害者として意識しているんだ」 と言う気持ちが より強くなる事を避ける事はできなくなるわけです。

人にはできない事がたくさんあります。 そのできない事に対して心から手助けしたいという気持ちがあれば、handicapped と言うような言葉は全く意味をなさない事になります。 この姿勢はかなり前からアメリカにはあります。 同情することなく普通に付き合うことで 自然とそれらの人達に対し handicapped と言う単語もでなくなるわけです。 下手に 優越感を感じる人こそ 精神的障害者であるとまで 私は言います。 

私などは Hey, you guys are not handicapped at all. I'm handicapped and reverse-discriminated by the handicapped parking lot. I have to walk a longer distance after I park my car!! hahaha と一緒になって笑っています。


障害のある人を 障害者と呼ぶ必要がどこにあるのでしょうか。 また、障害者のために努力する事で 「障害者」 と言う単語を使うことのどこが悪いのでしょうか。 

差別用語とは 差別する為の単語であって、状況を示す為であれば 使用しても おかしくはないはずです
だから、公然として Handicapped parking lot と大きく書いてあるのです。 ここで parking lot for the challenged となんて書いてあるところは私は知りません。

身体障害者の多くの団体ですら、彼ら自身を handicapped と呼んでおり、団体名も handicapped と言う単語がそのまま使われています。
口先だけで 単語を変えても 彼らにとってなんの役にも立たない のだと言う事を知ってください。

と言う事で、PC語はありますが、handicapと言う単語は未だに 殆んど問題なく使われています。

                     回答者 Great-day さん (1960年後半から米国在住)

 ここにご紹介しました内容は ・・・
ネイティブの人は障害者のことを handicap と言わないと聞きました。 障害者やハンディキャップのことは何といってるのか?」 とのインターネット上の質問に対して その答えのひとつとして 米国在住のGreat-dayさん(※ニックネームかどうかは不明ですが・・)が回答されていた内容です。

当NPO団体も、これまで30年近く 国内各地で講習や講演を実施して参りました中で、Great-dayさんが回答されている 見方や考え方について、表現方法は異なりますが、いろいろな方々に紹介して参りました。 ここにご紹介の回答内容は、海外に在住の方の目線、経験を通じて、国内では理解の進まなかった柔軟な視線、視座で考えることの大切さを伝えており、NPO事業として取り組みました中で ご紹介したい内容と感じ、転載の許可は得ておりませんが、敬意と共に紹介させて戴きました。

なお、Great-dayさんから当サイト上に紹介の資料等が必要でしたら、ご連絡を賜ります様お願い申し上げます。 

    当連絡先  NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟  mail  jhtf-info@jhtf.org  

もどる