新たなテニス環境開発の歩み  The step that created new tennis environment

     
   魅力あるテニスと心温かな人達との 出会い ・・
  
   テニスとの 出会いから ・・

知人の紹介で、初めて硬式テニスラケットを手にしたのは、35歳の若い? 時代です・・
当時のテニススクールに参加したのは 今から37年前です・・・
テニス関係者の多くは、幼いころから、また 学生時代からテニス経験があるのが 一般的なところと思いますが ・・
何かを始めるときに 年齢も経験も関係ないと考え、それまで愛好していた他のスポーツと併行するカタチで参加しました。

近年 いつ始める? "今"でしょう! という言葉があります・・ 当時も まず実行です。
始めてみたら・・ もっと早くに参加すべきスポーツだった!と 感じながら、毎週の参加日を 待ち遠しく感じていました。

 1977年に始まる・・様々な分野の人達との出会い・・ この出会いから 学び、考えながらの 歩みが 始まりました・・
スクール参加は、鵜原テニス研究所を開設した鵜原 謙造氏が日本最初のテニススクールとして開校した会場のひとつです。
コーチには元全日本チャンピオンの黒松和子さんも加わっておりました。 黒松さんを 筆頭にして各コーチは心優しい人達ばかりで、初心者に居心地の良いテニス環境でした。

レッスンのクラスメンバーには老若男女いろいろな人達がおりましたが、このときのいろいろな出会いと、スクールが企画した夏のテニスキャンプに各地から参加された方々との交流など・・ 温かな人達との接点が その後のハンディキャップテニス開発の活動につながりました。

テニススクールに参加していた人達の年代はいろいろです。 そうした人達と一緒のテニス練習は面白く・・ 夢中で打球を続けたら、指に血豆が出来てラケットが握れなくなり、休みたくなかったために、参加3日目からは 右手から左手にラケットを持ちかえてプレーしました。
しかし、血豆の傷が回復した翌月からは 再び右手でラケットを握ってプレーしたところ、コーチから 「真面目にやってください」 と注意されました。

当時はテニスブームの時代で、1クラスの受講生は数多く、入会したばかりの初心者の私は、コーチの目には、最初のレッスン2回目までの右打ちでプレーするレッスン生との印象よりも、血豆で左打ちに切り替えて参加した打球スタイルのイメージが強く残っていたためでしょうか ?・・
このときレッスンを受ける本人にすれば、通常の右手で打球したことに対して 注意を受けてびっくりしました。 懐かしい思い出のひとつです。

血豆が出来た理由に・・ 30数年前のラケットは、体力少ない人の握力では、慣れるまでは負担の多いウッド製の重いラケットが大半でした。
その後、軽量ラケットが誕生しましたが、当時のラケットの重さは、時代を感じる用具のひとつでもありました。


当時、毎回のレッスンは楽しいものでしたが、それ以上に楽しみだったのはレッスン後の帰途に みんなで立ち寄る会食でした。
コートの隅に広がったボール集めする僅かな時間に、レッスン仲間と交わす会話は・・
「今日はどこに行く! ○○の店にする?」 「いや、あの店は ◇◇◇メーカーのビールがないから、別の店に行こうよ!」 などとの内緒話が弾む不真面目なレッスン生達でした。 しかし、そんな状況を知らないコーチは、丁寧に技術を教えてくれました。

この当時の不真面目なレッスン仲間のひとりが、国内初の車椅子テニス環境づくりに取り組んだパートナー 長谷川 登氏です。
現在も大量に保存していますNPO活動の記録写真は、カメラマンでもある長谷川氏のものが大半です。
当時のふたりはテニスに夢中で、彼の奥様の出産前日までゲームを楽しんでいましたので、当時のご家庭の中では 小さな嵐もあったようにも思います。 そのときに生まれたお嬢さんも、今は幸せな家庭を築いています。

いろいろなテニス仲間との出会いを増やす中、コート周辺から・・ 事故で足に大きな怪我をした愛好者がテニス活動を断念したとの情報を聞きました。
その情報がきっかけとなり、車椅子を使用するテニスを考え、このテニスの基礎研究期間にもなる5年近くを経て、車椅子テニス環境づくりの具体化に向けて、関係協会などへの提言、要望を進めたのは 国際障害者年の1981年でした。

しかし、当時のテニス関係者は、テニス競技はコート内を走り回る走力や瞬発力が勝敗に結びつく・・足ニス・・との異名もつけられていた時代です。
そのため 車椅子を コート内に持ち込んでプレーすることは、理解されにくい時代でもありました。

要望、提言を進めた新しいテニス環境づくりは、当時の人達には無理な願い事のひとつとして考えられているものでした。
しかし、力を尽くしてみなければ、分からないものですが、チャレンジすることなく、不可能と決めつけていることはスポーツに限らず、広い社会には多々あります。 可能性を探るための発想の方法はいろいろあると思います。 私達が用いたのは・・ 720度の発想転換です。

発想転換を繰り返しながらの新しいテニス開発となった車椅子テニスの練習・競技環境づくりへの関心は、日本のテニス界に働きかけても、テニスの専門家にも理解少ない人達が大半でした。 このため、スポーツ参加の楽しさを感じていた愛好者レベルの人達に内容を伝えながら、少しずつ理解者を増やす歩みを続けていきました。

楽しいテニスとの出会いが生み出したものは・・ 活動を進めた当事者にとって、楽しいことよりも苦しいことが次々と起こる未体験の世界との出会いが数多くありました。 このレポートの中でご紹介するのは、様々な出会いの一部です。



トマトを 缶ジュースに 出来る ・・ のであれば ・・

もう一度 新鮮な トマトに 戻せないか ・・
力を尽くしてみれば ・・
出来るかも ・・ !!
   720度の発想転換

カン・トマトネット
720度の発想転換は大きな視野で考える上で推奨する方法 ・・
不可能とされていた新たなテニス環境づくりも 発想転換が生み出したことのひとつ ・・


文中にご紹介して参ります各位は、NPO事業開始の前後から始まる数多くの企画を生み出した背景の中で、直接的に関係した方々です。
加えて、企画への助言や活動事業の取り組みに対して精神的な支えを進めて戴いた方々ですが、テニスに無関係の方々が大半です。

こうした方々のひとりでも欠けていれば、公開の新しい競技開発内容や様々な社会活用の展開は生まれませんでした。
なお、ご紹介します方々の他に、30数年間の各種NPO事業に関わって戴きました方々は、国内各地で延べ数万に及びます。

この事業を通じて、数多くの人達の笑顔と心身の健康を育むことに良き影響を与えて戴いた方々の存在を紹介することにつながるページですが、ご紹介各位のプロフィールなどにつきましては 紙面の関係から大半を割愛しております。
著名な方々もおりますが、そうした方々の詳しい内容などにつきましは、他の文献でも紹介されていると思います。 検索サイトなどで ご確認下さい。


Page 1
Page 2
Page 3
Page 4
Page 5
Page 6
Page 7
Page 8
Page 9
Page10
to top
Page11
Page12
Page13
Page14
Page15
Page16
Page17
Page18
Page19
Page20