新たなテニス環境開発の歩み  The step that created new tennis environment

    
   ワインカップテニストーナメント(研究開発関連企画) ・・
  

  テニス大会で 多くの試合が 楽しめる方法として? 自分達で 大会を企画すれば・・

1977年1月30日 第1回 ワインカップテニストーナメント を 開催!
テニス経験2年目のテニス愛好者達が企画した大会が、参加チーム7組で 保土ヶ谷ローンテニスクラブ(横浜市)でスタートしました。
この大会は、1983年10月10日と11月6日の2日間にわたる 第12回大会(※参加チーム124組/会場・石川町テニスガーデン)まで継続しました。
 

ラケットを握って2年目のメンバーが初めて参加したのは横浜高島屋主催のローズカップです。 競技経験豊かな人達が多い大会に無謀にも挑戦して1回戦敗退・・ このとき、1回戦で 敗退する人も 決勝まで進む人も 同じエントリーフィーはなぜ? ・・ もう少し楽しめる大会にしてほしかったのに!!・・
そこで考えたのが・・
技術の向上には 道遠いことを自覚していたことで、主催者になれば・・多く試合ができる・・ と考えたのが ワインカップテニストーナメントの企画です。

しかし、この大会を企画した目的は、単純に自分達がもっと多くの試合参加できることを願うことだけではありませんでした。
競技スポーツの世界は、技術や経験の少ない人達、怪我などで運動機能の低下した人達にとっては 参加する門戸は狭く、冷たい世界です。 
そこで、もっと温かな心くばりのある競技世界に変えることが出来ないのか・・ との願いも含めた大会企画です。

当初の企画は、大会に参加する機会の少なかった高齢の人達や初心者クラスを中心とした内容でスタートしました。
その後の大会内容は、参加者に資格要件を設けないことにより、体力的に弱い人達などの動きを下肢の怪我によって運動機能が失った人達の動きに置き換えるなどして、いろいろな人達の競技参加の可能性を探りました。

年間2〜3回の企画を重ねる中で、規模も内容も大きく広がり、上級レベルの資格要件をランキングプレイヤーとしての実績のある人達を 除くことを唯一の条件とした企画内容によって、競技レベルの高い人達も数多く参加するようになりました。

  

優勝ペアには トロフィーと高級デザインフラワー、ワインを贈呈・・ なお、ペアに抱えられています可愛いお子さんは 副賞? ではありません!

大会名称をワインカップとしたのは、競技レベル別にクラス区分するときに、初心者クラスの人達が他のクラスと比較されてもコンプレックスを感じないクラス名を考えようとして、ワインの甘味で区分されるときに使用されています名称を、上級クラスや初級クラスの区分名に代えて募集しました。

競技区分 大会クラス区分名 シャンパン(ワイン)の区別基準
 上級クラス  エキストラ・セック  extra sec  リキュールの甘味  3%が注入されたワイン
 中・上級クラス  セック  sec  リキュールの甘味  5%が注入されたワイン
 中級クラス  ドミセック  demi sec  リキュールの甘味  8%が注入されたワイン
 初級クラス  ドミ・ドウ  demi doux  リキュールの甘味 10%が注入されたワイン

このクラス名により、ドミ・ドウのクラスで優勝した人達も、周囲に報告すれば、え!と驚きながら 「素晴らしいね!」 と・・ 評価してくれます。
しかし、ワインに詳しい人達は、優勝した人の実力と競技クラス区分名称を知っていれば・・ 祝福と共に温かな微笑みを増やしたことと思います。
この競技クラス区分に採用した名称は、後年の 日本ハンディキャップテニス大会や地域大会の企画にも採用しています。

このワインカップは、年齢や体力、障害の有無がプレーに影響を及ぼす点、障害のある人達が大会参加するときに必要とされる施設、設備などの工夫などの経験資料はその後の新しいテニス環境開発と競技設計に大きく参考になっています。

車椅子の人達が競技参加の出来る門戸を初めて開いた大会企画ですが、ミックスペアの一般プレイヤーが見つからずに、車椅子の人達の競技参加は実現できませんでした。 しかし、車椅子の人達に対するモデルレッスンとビデオ資料を会場で紹介し、障害のある人達がテニス参加の出来る環境づくりへの理解を求める大会企画としました。

大会は各方面の温かな協力、支援を加えて運営し、国内初の車椅子テニス環境づくりに理解を示して戴いた近岡義一郎氏(※当時、日本テニス協会普及委員会委員長)はテニス協会普及委員長名で積極的に推薦して戴き、車椅子テニスのコートテストに協力して戴いた世紀東急工業や車椅子テニス製造販売のロール・シチュール工業などはじめ、多くの協賛支援を戴きました。

また、参加者が多いことから 予選、本選に分けた2日間日程が、会場都合と天候などで 2ヶ月にわたる寒い時期の開催になりました。 そこで、協賛の
コーヒーメーカーを求め、三本コーヒー(株)が、会場内で最高級クラスの豆を使用して沸かした温かなコーヒーを参加者に提供して戴きました。
 一般テニス大会ではない無理なお願いに "根負けしたのでしょうか?" 応えて戴き、香り高いコーヒーが来場者の身体と心を温めることが出来ました・・

 この大会を企画した当時の団体名は、ルプト・プラン連絡協議会(※JHTFの初期団体名) です。


様々な新しい企画内容を設けながら5年間にわたり継続したこの大会は、1984年に第1回の車椅子テニス競技大会をスタートさせたことにより、企画運営負担が過大になりましたので、第12回大会の企画を以って終了しました。 ※参照資料


なお、自分達で大会を 企画すれば 参加は思いのまま! との考え方・・ 主催者は・・多く参加出来る!との発想の甘さは・・ 5年後に気づきました


Page 1
Page 2
Page 3
Page 4
Page 5
Page 6
Page 7
Page 8
Page 9
Page10
to top
Page11
Page12
Page13
Page14
Page15
Page16
Page17
Page18
Page19
Page20