ハンディキャップ硬式テニスの世界  ハンディ硬式テニス規定の設計  硬式テニス事業について
 ハンディキャップテニス競技ルール  競技ルールの編集発行
 ルプト・プラン  国内初の車椅子テニス講習実施  世界ランク 1位 (在位当時)のプレイヤーが
  直接指導した<ハンディキャップテニスクリニック>
 スポーツ心の詩  <ルプトプランレポートNo1>
 ワインカップテニストーナメント    ハンディキャップテニス とは
 車椅子テニス開発と関連のプロジェクト  <’86かながわフェスティバル>
 ルプトプラン総合計画資料  国内初の車椅子テニス競技大会  日本ハンディキャップテニス・シンポジュウム
 日本車椅子テニスの歴史   <車椅子テニスルールブック特別版>作成
 車椅子使用者対象の
 身体機能強化運動プログラム
 日本ハンディキャップテニス大会  ハンディキャップテニス地域特別講習会
 聴力障害の人達とテニスを楽しむ
 テニスの手話サインについて
 総合型地域スポーツ施設を訪ねて  fileプロジェクトdev20
 20世紀から21世紀への取り組み

新たなテニス環境を生み出した 研究開発事業のステップ
Step of the research and development business
that produced new tennis environment
JHTF・NPO事業活動レポート (抜粋)



障害の有無や車椅子使用の有無などにこだわらず、いろいろな人達が共にゲームを競い合える環境を育むテニス競技です。

このテニス環境開発の歩みで、国立や地域のリハビリセンターなどで 障害のある人達にテニス参加の機会を開きましたが、身障者スポーツとしての競技展開を可能とした上で、このテニスは市民スポーツのひとつとして 発展することが基本です。

身障者スポーツとして競技企画を進めるとき、車椅子と立位の人達の競技対戦も可能とし、市民スポーツとしての企画では、聴力障害の人達や肢体不自由の人達を障害のない人達と対戦できるテニス環境を設けます。 既存の競技環境を大きく発展させるテニスです。

硬式テニスに運動機能障害を 補う特別規定が加えられたテニス競技方法にハンディ 硬式テニスの名称を設けています。 (参照)
ハンディ 硬式テニス協会

S・ST information サウンドテニス ENH活動 top