認知症進行防止と発症予防に向けたテニスプログラム700-s2

元気な日常
Cheerful daily life

 JHTFのプログラム研究は、1994年から 各地の身体障害者療護施設訪問を進めていた当時、この関係施設に隣接していた特別養護施設から、
 施設職員と共に来訪した高齢者が 療護施設の中で実施していた スポンジテニス講習に 体験参加した時の様子を 拝見した機会から始まりました。

 施設で生活されている高齢者の大半に認知症の症状があるとのことでしたが、その高齢者のひとりがボールを打ちたいと参加し、初めて握ったラケットで
 打球したとき、最初は無表情だった顔に 時折、笑いを 交えて動く状況を見た 施設職員が驚きました。
 「何年間も 無反応、無表情の人が 笑った !! 」 と語りました。

 この軽スポーツ参加の効果が 認知症の人の脳に 適度な刺激を与えたことから 笑顔が生まれたものと思われます。
 テニス参加の機会が 表情を明るくすると共に、身体を動かすことで 適度な疲労と刺激を生み出すことが役立つ方法と考え 開発が進んだプログラムです。


 日頃の健康維持にも 効果があるスポーツの特徴を 日常生活に加える方法ですが、スポーツは 更に いろいろな人達との 明るい交流にもつながります。


  この機能回復プログラムに採用しています テニスの楽しみ方と効果について

運動量や高い運動能力を必要とする硬式テニスとは異なり、テニス経験やスポーツ経験のない人達が 簡単に打球可能な方法です。
ボールはスポンジ製で、身体や家財に当たっても怪我や損傷する危険は皆無に近く、そのため 3m×7m 程度の広さがあれば各種のゲームが楽しめます。

プログラムのステップは、打球の感触から始まり、打球するための手足の動き、ボールの動きを追いかける力の上達・・ 家族などとポイントの得失を競い合う
意識と感情が高まることによって 脳の機能が向上し、打球やゲームの相手との間の無感情から 笑顔が増える様子などから、機能回復の効果を確認します。


認知症進行防止と発症予防に向けた テニスプログラム700-s2の特徴

認知症の問題はその周辺で介護される家族にとって、その心身に大きな負担を生み出しています。
軽度の症状にある場合を含めて 認知症になり易いとされる人達の生活空間を 少しでも改善する方法の工夫が必要です。

認知症の予防や症状進行防止に役立つものとして 音楽や香料を活かした療法、また、スポーツの導入も効果あるとして、いろいろな方面や研究者によって取り組みが進められています。 しかし、対象者すべてに それぞれの効果が結びつくまでには まだ研究も時間も必要な状況と思います。

ここに紹介のテニス活用プログラムは、治療のための薬物を使用しない内容で 長期にわたっても副作用の心配がありませんが、良き効果に結びつく内容として
次の点を特徴とした認知症の改善に スポーツ活用プログラムの 本格的な取り組みを進めることをお薦めします。

 ポイント1  スーパーボレー並びにスーパーテニスの内容を導入する理由とその特徴について
年齢や体力に関係なく、また障害がある人達を含めて 誰にでも簡単に安全に親しめる内容を 備えていること
実施する場所に大きな制約がなく、床やカーペット、畳の上でも可能であり、運動量の調節が可能なこと
人それぞれの身体の状態に合わせて、立位の他、椅子に腰掛けたり、床や畳の上に座り込んでもできること
スポーツとしての面白さを活かし、相手の人達と会話のやりとりを 楽しみながらできること
使用する用具費用が入手し易い低価格であり、ゲーム的な用具の一部を 周辺にあるものを活用できること
 ポイント2  身体的、精神的効果の特徴について
スポンジボールを使用しますが、そのボールをつかむ動作と 小型ラケットを握る動作が 脳の働きを必要とします
ボールを打つための動体視力が必要ですが、そのために視神経を刺激し、集中力も必要として 脳の働きを活性化します
打球するための身体の動きに加え、身体から遠く離れたボールを追って 移動する運動が生まれ、脳の働きを刺激します
ゲーム的なラリーが出来るようになると、勝敗への意欲も育まれ、打球のための動きが活発化します
バウンド音が発生するサウンドボールを使用することにより 聴力への刺激を増やし、脳の働きを 更に活性化させます
 ポイント3  その他効果について
スポーツはいろいろな人達と接する機会となり、周辺の人達を誘って 共に楽しむことで 社会参加にも役立ちます
適度な運動は良き発汗を生みますので、ストレス解消と共に 徘徊や夜行症などの防止にも役立ちます
このプログラムは 介護する人達の健康づくりにも役立ちます。 他の家族や友人などとのミニスポーツを楽しめます。

プログラムの実施方法は・・
当事者となる認知症の人達にとって難しい点はなく、周囲で認知症の人達の動きをサポートする人達も、打球やゲーム相手になるだけで十分です。

 
 笑顔で 認知症の人と サポートする人が、一緒に 打球を楽しむ時間を 工夫することのみ ・・ むずかしいプログラムではありません。

硬式テニスとは異なり、体力少ない人達も、テニス経験のない人達も 打球やゲームを 手軽に親しめます。 コーチなどの専門家は不要です。
卓球やバドミントンなどは 初心者に親しみ易いスポーツですが、このテニスは 更に 誰にも 優しいスポーツです。

最初は 自己流で進めて 繰り返し打球を続けていると・・ もう少し上手に打球したい との気持ちが 認知症の人に生まれるかもしれません。
打球の技術を紹介すると、打球した結果に 認知症の人が喜びと悔しさを感じること多く生まれます・・ こうした内容が脳の活性に役立ちます。

このスポーツ推奨の理由は、ボールの動きに反応して身体を動かし、打球に必要な動体視力を向上させるなど 各感覚を育むことが出来ます。
また ボールがスポンジ製で 身体や室内の什器類に当っても 怪我も損傷もしない安全性に優れています。



このプログラムは 認知症の人達のためだけはなく、その周囲で介護に関わる家族の心身の負担を少しでも和らげることが出来ます。
卓球のような 軽スポーツのひとつとして、友人、知人を仲間に加えたり、同じ認知症で苦労されている他の家族と一緒に楽しむことが 良き効果につながります。

   ご家族や友人、知人と一緒に 打球や簡単なゲームで認知症の人と交流することを工夫して 楽しんで下さい。
   身近な場所で 認知症の人と一緒に身体を動かすことは、介護される人達のみでなく 介護する家族などの ストレス解消にも役立ちます

 
福祉施設や医療、教育施設などが中心となって取り組む場合・・
実施方法は次の認知症の内容によって分類して経過状態を記録し、その効果あると見られる内容を専門家を中心に考察を進めた上で公開を進めてください。

認知症の原因、症状は様々ですが、このスポーツ導入の効果をデータ化出来れば 各種の認知症に最も適した内容が確認出来ます。
医療等の専門機関が関わる場合 次の内容に分けることで 各当事者の症状に適応したスポーツ活用の効果と良き指導法の発見、確立につながります。

   A アルツハイマー型認知症    B レビー小体型認知症、   C 脳血管性認知症    D その他の認知症

なお 医療や福祉等の機関、施設で実施する場合は、医療施設等の通路として使用しているスペースや 病室やロビーなどの一部を活用して進めることも可能です。
JHTFは 実務事業を40年余の歩みをもって終了しましたが 情報発信は継続します。 ご案内の内容を取り入れた効果が 少しでも役立てて下さい。

 認知症の改善効果とは別に、身体を動かすことによる健康維持を図ることが出来ます。
 CVA(脳血管障害)の後遺症の人達の在宅リハビリにも効果が見られるこのスポーツ活用ですが 認知症の人達にも良き効果が期待されます。

 いずれのスポーツ(テニス)活用プログラムも 周囲の人達との良きコミュニケーションづくりが大切です。 
 周囲の人達の協力が 症状に苦労し、運動機能の弱くなった人達の生活改善、社会復帰に役立つ点に良き理解が必要なプログラムです。


プログラム開発 JHTF クリエイト ( 旧・版で意キャップテニス研究協会 )