ユニバーサルテニスの啓蒙普及 と このスポーツ内容を 幅広い社会環境の中で活用していく事業活動について


  各事業は地域も内容もその対象、規模が大きなものとなりますが、本NPO事業としての取り組みの範囲は事業モデルの開発と発展への道筋を確立することを目標としています。
   その上で 開発された内容を より多くの地域や人々に紹介し、企画指導等を進める上から民間のビジネスモデルのひとつとして発展させることが必要です。



  ●social work.p01-dev21  各種教育環境へのユニバーサルスポーツの情報提供と啓蒙普及
                  小中高と大学などの青少年の健康づくりとスポーツを活かした良き教育環境づくり

青少年の基礎体力低下は将来にわたって健康の維持や社会生活の質などに少なからず影響を及ぼすことがあります。 
このため 日頃から積極的に身体を動かすことによる体力づくりが必要です。 運動やスポーツを苦手とする青少年たちでも簡単に楽しめるスポーツが身近にあれば問題解決も容易です。

体育館を中心に屋外でも実施可能な体育やクラブとしての内容に限らず、教室や廊下などの限られたスペースの中でも楽しめる特徴を備えたスポーツがあれば最適です。
SST (スポンジスーパーテニス) は周辺の人や器物を傷つける心配がなく、短い時間で 多くの生徒や学生が交代してゲームを楽しむことができるスポーツのひとつです。 

このスポーツのすぐれたコミュニケーション機能を活かすことによって、教室内のいじめなどの問題発生の防止にも役立つケースも生まれます。 
また ボランティア活動や幼い子供達と一緒に楽しめる遊びのスポーツとしての活用が可能であり、青少年が活躍する機会を生み出します。


SST については、国内数千施設の学校や類似施設の数百万以上の青少年が手軽に楽しめる環境づくりに向け 低価格で多様な用途を兼ね備えた新タイプの用具設計を具体化しています。 小中高の生徒から大学、大学院等学生の多くがスポーツの得意不得意を問わずに誰もが手軽に親しめるスポーツとして幅広い普及が必要です。


  ●social work.p02-dev21  介護福祉と在宅リハビリでの効果的なスポーツ活用の研究並びに内容の啓蒙普及

高齢化の進む社会では 家庭の内外で介護を必要とする人達が増加しています。 また不測の事故や大きな疾病によって運動機能の一部に麻痺などの症状が残る人達がおります。 
手術や治療後にリハビリが必要な人達も数多くおります。 こうした人達が元気に生活する上で役立つのは 周囲の人達との楽しい会話(コミュニケーション) や、日頃から身体を動かす機会です。

競技テニスとしての普及とは別に、新しい視点の中で脳血管障がい後遺症(CVA) の人達も楽しめるスポーツプログラムを既に具体化しています。 
身体に機能障がいのある人達がテニス参加を楽しむ環境づくりの経験とノウハウをベースに、自宅や周辺の小さなスペースの中でも可能なスーパーボレーを導入します。
CVAの後遺症で苦労される人達の在宅リハビリなどに活用できます。 近年増加の方向にある認知症の進行防止と予防等に向けたテニスプログラムの研究開発も進めています。


また 全盲の人達が楽しめるサウンドテニス競技も開発されており 競技としての優れた内容を備えていることに加え 障害の有無にこだわらない交流と理解を育むことができます。
視力を失っている人達には危険の多い街中の歩行や電車の乗り降りに 周囲の人達が気軽に声掛けすることで 安全な社会環境づくりにも役立ちます。


認知症についてSST 活用の効果はまだ研究過程にあり、多くの医療機関や関係福祉施設等の理解と周辺の人達の温かな協力が求められるところです。
介護する人達や家族と医療従事者などの リフレッシュプログラムとしても活用可能です。 

生活時間の質(QOL)を向上するスポーツプログラムとして、
各関係プログラムは周囲の人達と一緒に手軽なゲームなどを楽しみを増やし、介護を必要とされる人達を孤独にしないための健康ツールのひとつとしての普及が役立ちます。


  ●social work.p03-dev21  地域活性と将来のメジャースポーツ化を視野に加えたスポンジ・スーパーテニス競技の啓蒙普及
                  子供達や成人など全世代の人達が楽しむスポンジ・スーパーテニスの普及と関連事業振興と地域活性の事業

テニスに限らず多くのスポーツはごく一部を除いて社会経済の不況に苦悩しています。 各実業団のスポーツ界から撤退する企業も増え、テニス界でも楽しむ環境と愛好者の減少によって かつての活況からは少し遠くなりました。 それぞれのスポーツを愛好した人達は コートやグラウンド、スポーツ施設から離れても スポーツの魅力を忘れてはおりません。 

各スポーツ界の関係者の尽力が続いていますが、従来のカタチや内容のみにこだわっていては解決の道は少なく、思い切った発想の転換が必要です。 

SST (スポンジ・スーパーテニス) と スーパーボレーは、子供達から高齢の人達すべての世代が楽しめる内容があります。 
各世代の人達が体力や技術力の違いを超えて一緒に、かつ互いに力加減もすることなくポイントを競い合える競技内容を備えています。

SST の内容は、硬式テニスの練習方法や指導マニュアルも活用できますが、スペースを 硬式テニスの1/3にすることの出来るスポーツ環境と楽しみ方を実現させています。 硬式テニスなどの上級者同士でも楽しめるSST は スポンジボール使用のテニスに対するイメージが大きく変わります。


誰にでも手軽に親しめる内容とゲーム展開の面白さを国内外全世代の人達に紹介、普及させていく道筋をつくり、近い将来のメジャースポーツとしての発展も視野に、各地域の大小様々な企業が用具や用品の生産に参画され、それぞれの地域経済の活性につながるものにしたいと考えています。
  
ご案内の重点事業の他にも、資金不足のために継続中としております < サウンドテニスボール音響部品開発の研究 >< CPRフリートレーニングセンター365開設 > など
早くに実現するための取り組みが必要です。

賛助・支援募集ページへ