サウンドテニスの新世界   競技開発  全盲の人達同士 / 弱視の人達同士で 対戦するテニス競技


コートを見ることと 競技コート上の どの位置に立っているのか・・ プレーする人が 分からなくては ゲームの実現は難しくなります。
こうした内容に加え 対戦相手が見えない状態でも プレー可能なテニス開発が進み 初期の 「視覚ハンディキャップテニス」 が誕生しました。

当初のテニス内容は 視力障害の人達のみを対象にした競技として 新しい身障者スポーツとして関心が高まりました。 しかし・・・
このテニス開発は 別記の国内初の車椅子テニス開発も含めて 身障者や健常者という 枠にこだわった取り組みではありません。

この視覚ハンディキャップテニスは 研究開発が進み 身障者スポーツとしての活用に加え 障害のない人達と視力障害の人が 互いに全力で競い合うことの出来るサウンドテニスの 競技設計を図り むずかしいと考えられていたテニス環境は 新しい市民スポーツのひとつとして 内容を 高めました。

身障者や障害者という名称を多く使用することは 差別化の意識が高い 考え方です。 障害のある人達すべてが 喜ぶ名称でないことに 留意すべきところです。
テニスが 差別化のあるスポーツであれば テニス環境づくりに貴重な多くの時間とエネルギーを投じた歩みは不要です。

しかし 競技開発を進める価値の少ないスポーツとは考えず 偏見も差別化もないスポーツにできるとの思いで競技設計が進みました。

サウンドテニス競技は 障害のある人達を 身障者とは考えず テニス愛好者として 参加可能なスポーツとして誕生しています。
全盲の人達同士のテニス競技は 開発設計者の偏見が 優先していれば 生まれなかったスポーツです。  この競技開発の一部を ご紹介します。

 ■ ボールは スポンジボールの中に鈴や盲卓球ボールを加工挿入し パウンド音でボールの位置をイメージする工夫が 図られています。
 ■ コートは その大きさを コート内を移動して歩幅と周囲の説明で理解出来るように図り コートのセンターマーク近くには 手足の接触で分かる
   ガイドマットを設定します。 道路上の歩行補助として役立つ点字ブロックに類似した役割りがあります。


 ※視力障害者スポーツの競技ラインを設定する場合 一般的には ラインの裏面に 3〜5mm のヒモを貼りつけ 触覚で確認出来る
   方法が用いられています。 このヒモを使用した方法に比べ 確認し易いものにと 開発したのが 幅 25mm のガイドマットです。

   ガイドマットは 脱着自在の構造にしており 床面への設置は マット上に粘着力の弱いフロアテープを使用して固定します。
 ※ガイドマットの素材は 最寄りのホームセンターで購入可能な ダイヤマット という塩ビ製品です。
   最初のマット幅は 300mm の設計でしたが マット上のイレギュラーバウンドを防ぎ 素材のコスト節約から 現行の数値に決定。
 ※マットは サービスを行う際の フットフォルトを 防ぐために活用します。 ベースラインから 30cm 後方の位置に貼りつけます。
   野球の投手プレートの使用規定と 類似しています。 足の一部を マットに触れた状態で サービスを行います。

   この規定に反すると フットフォルトとして判定されます。 30cm の位置は 標準的なシューズの長さから 決定しています。

下記のコート図は クリックすると 拡大します
  

 ■サウンドテニスは 硬式テニスに準じた競技内容で 一般テニス経験者が 視力障害の人を対戦相手に プレーを楽しめます。
   視力のない人達同士の競技は サービスを行う場合 最初のポイントは 硬式と同じに 右サイドから行います。

   サーバーは 「右から
(または 左から)行きます」 と声をかけ レシーバーの 「ハイ」 と回答した後の5秒以内に サービスを 開始します
 サービス方法は・・ レシーバーが 位置の移動中などで レシーブの準備が 整っていない場合は サーバーの声には 応えません。
 長く準備が必要な場合は 「待って下さい」 と答えます。

  サービスを行う 左右のサイドを 間違えたり 声の合図を しない状態で サービスを行うと フォルトになります。
  また レシーバーが回答しないときに サービスすると フォルトと判定されます。 ダブルフォルトすると ポイントを失います。
 サウンドテニスは サーバーがポイントコールを行います。
  ポイントコールの内容に誤りがある場合 レシーバーは 「ハイ」 とは答えず 対戦者同士で再確認した上で 競技を進めます。

 ■サウンドテニスのスポンジボールは 空間を動いている時には 音は発生しません。
   そのため 視力のない人達は 見えない打球が身体に当るのを避けることが出来ません。 
   サービスを除いて インコート内にいるレシーバーに ノーバウンドの 打球が当った場合 打球したプレイヤーの失点とします。
 サウンドボールの音響部品として使用した 盲卓球ボールに代わり 空間を飛んでいる時も音の出る 電子部品の研究にも取り組みました。
  しかし 重量と製造コスト (1個 3,000円程度) の面で 現段階では断念することとしました。

 ■音や相手プレイヤーの声だけで 打球し 打球のために移動するサウンドテニスは レシーブする場合 上記の通り サーバーの声に対して
   答える規定があり この規定で サーバーは 相手の声を目安にして コートのどこで レシーバーが位置しているのかを 判断します。

   このため 「ハイ」 と答えた後に 位置を大きく変えることは認められず この規定に反すると レット として サービスはやり直します。